ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【独占記事】映画『Captain Marvel(原題)』の監督に、アンナ・ボーデンとライアン・フレックを指名

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ブリー・ラーソン主演の映画『Captain Marvel(原題)』の監督が決まった。

マーベルは、映画『ワイルド・ギャンブル』を手掛けたアンナ・ボーデン、ライアン・フレックを、この大作の監督に指名した。

本件について、マーベルはコメントしていない。

マーベルは、オスカー女優のラーソンが同作のスーパーヒーローを演じると発表してから監督の選定に入り、複数の女性監督に声を掛けていた。

情報筋によると、マーベルは監督契約にサインする前に、監督の評価をしっかり行うことと、脚本が良い形にまとまることにこだわった。

マーベルのケヴィン・ファイギ社長には、ジェームズ・ガンやルッソ兄弟といった人材を発掘してきた実績があり、ブレイクする才能を見抜く目には定評がある。この2人もブレイクする可能性がある。

マーベルの幹部たちは何度も2人に会い、ヒロインに対する2人のビジョンを確認した。ボーデンとフレックには、TVと映画の両方の経験があり、それが彼らの強みであると評価された。

2人は、ライアン・ゴズリング主演の2006年の映画『ハーフ・ネルソン』やライアン・レイノルズ主演の2015年の映画『ワイルド・ギャンブ』といった、キャラクターを主体とするドラマ作品で知られている。また、米テレビ局ShowtimeのTVシリーズ『アフェア 情事の行方』やTVシリーズ『ビリオンズ』といったTVシーズで複数のエピソードを監督してきた。

脚本は、アニメ映画『インサイド・ヘッド』を手掛けたメグ・レフォーヴとニコール・パールマンが執筆中だ。事故によりエイリアンのDNAを埋め込まれた空軍のパイロット、キャロル・ダンバースを追う物語となる。ダンバースは変身により、怪力、超人的感覚、飛行能力を発揮する。

プロデュースはファイギが手掛ける。

2人の代理人は、WMEとマネジメント360が務めている。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。