体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

この椅子は、寄りかかるんじゃなくて「木馬」が正解!

この椅子は、寄りかかるんじゃなくて「木馬」が正解!

ちょっと変わった形のこの椅子。あなたなら、どう座りますか?

って、タイトルで答え言っちゃってますが…。この椅子は、寄りかかるんじゃなくて「木馬」が正解! 背もたれにも見えますが、そう。この椅子は、寄りかかるんじゃなくて「木馬」が正解! 木馬みたいにまたがって、ゆらゆらするのが正解!この椅子は、寄りかかるんじゃなくて「木馬」が正解!

たとえば、こんな感じです。

「大人用の木馬」は
楽しみ方いろいろ

子どもの頃、なんだか理由もなく乗っているだけで楽しかった「木馬」。その大人バージョンとも言える椅子が、この「TROTE CHAIR」。

実際には「木馬」以外にもいろいろな使い方ができて便利なんです。この椅子は、寄りかかるんじゃなくて「木馬」が正解! その1、パソコンを開いて作業するも良し。この椅子は、寄りかかるんじゃなくて「木馬」が正解! その2、ノートとペンを置いて没頭するも良し。この椅子は、寄りかかるんじゃなくて「木馬」が正解! その3、横に座って肘をかけても良し。この椅子は、寄りかかるんじゃなくて「木馬」が正解!

その4、普通の背もたれにしても良し。

デザインしたのは
プロじゃなくて学生たち

これらは、バルセロナにあるEINAの学生らによるプロジェクト「Way On」がデザインしたもの。アカデミックとプロフェッショナルの間を繋ぐWay Onは、社会に新しいアプローチをしていく取り組みを実践。今回の椅子は「Satelite Milano 2017」の展示にむけて用意されたものだそう。

あくまでもコンセプト段階ですが、狙いとしては「自由時間と作業時間の境界線をなくすこと」

同じ椅子にじっと座っているとなんだかかえって落ち着かない、という人もいるかと思いますが、ゆらゆらしながら過ごせば、気持ちもリラックスするんじゃないでしょうか。

あからさまに「木馬!」というデザインではないので、インテリアとしても絶妙な温度感で置いておけそうです。Licensed material used with permission by EINA

関連記事リンク(外部サイト)

テーブルや椅子に変身する「魔法の一枚板」がすごい!
2Dから3Dに変身する「スツール」。来客用椅子はハンギングが正解でした
形も大きさも伸縮自在の画期的な椅子

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。