体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『デコ盛りしゃもじ』でカフェ気分!ごはんを簡単にSNS映えするかわいさで盛り付けられる!

『デコ盛りしゃもじ』はごはんをドーム型に盛り付けることが出来るありそうでなかったキッチングッズ。しゃもじの内側は凸凹加工になっているのでごはんがくっつきにくく、すくって、お皿にポンとするだけで簡単に丸く盛り付けが出来る。今やSNSなどで見せる料理が大流行。ほんのちょっとの工夫で可愛く、美味しく、見せる盛り付けをしてみよう。

簡単にお家でカフェ風盛り付け!

小久保工業所『デコ盛りしゃもじ』(日本製・税抜160円・2017年4月10日発売)。材質はポリプロピレンで半球の型に取っ手がついているシンプルなもの。

しゃもじの内側は凸凹しており、ごはんがくっつきにくい仕様。

また、お皿に盛り付ける時は、底をちょっと押す事でポンと取り出すことが出来る。

使う時は水で軽く濡らしておくのがポイント。

ごはんをすくい、お皿に取り出す。

ライスの直径は約8cm、高さは約4cmの大きさ。


詰め具合にもよるが、きっちりめにごはんを詰めると約150gくらい。ふんわりと詰めれば、少ない分量を盛り付けられる。子供のご飯の分量にちょうど良いサイズ。

 

普通のしゃもじもあるとやっぱり便利!

使ってみて思ったのは、デコ盛りしゃもじの他に、やはり普通のしゃもじもあった方が便利ということ。すくった後の底や形を整えたり出来る。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。