体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

乳酸菌摂ってる? 機能性表示食品『カラダカルピス』は飲むだけで体脂肪を減らす!?

幼いころ母親に作ってもらった懐かしの『カルピス』。青春の1ページの片隅に甘酸っぱく残っている『カルピスウォーター』。思い出の味とともに人生を歩んできたら、いつの間にか健康が気になる年頃になって甘いものはちょっと……。そんな人のために、乳酸菌で体脂肪を減らすという新商品『カラダカルピス』が登場! 健康を意識しつつも肝心の味わいが変わっていないか、実際に飲んで確かめてみることにした。

機能も気になるけど、そもそも機能性表示食品って何?

アサヒ飲料より発売された『カラダカルピス』(500ml・希望小売価格 税抜160円・2017年4月4日発売)は、機能性表示食品だ。これは消費者庁長官が認めた特定保健用食品(トクホ)とは異なり、事業者の責任において科学的根拠に基づいた機能性を表示したもので、2015年4月よりはじまった制度。

 

『カラダカルピス』には、容器に記載されているように、乳酸菌(ラクトバチルス・アミロボラスCP1563株)の効能により体内の体脂肪を減らす機能があるという。

体脂肪がつきにくいように予防するのではなく、すでに体についてしまった体脂肪を減らすことが期待できるようだ。含まれている乳酸菌は細かく粉砕されており、腸で吸収しやすく効率的に脂肪をエネルギーに変えることが可能。その技術は世界初のもので、なかなか納得できる機能だと思えた。

お馴染みの白色も、機能を知ることで乳酸菌が活躍してくれそうな期待感が生まれる。

飲んでみると口当たりは従来の『カルピスウォーター』とほぼ遜色ないが、後味は同じくカロリーゼロの「コカ・コーラ ゼロシュガー」と似ており、甘みが抑えられていた。『カルピス』ならではの柔らかな甘みが好きな人は、気になるかもしれない。

1日1本を目安に『カラダカルピス』を飲み続けることで、12週間後には体脂肪が減少する効果が明らかになっている。

 

3か月間毎日飲み続けるというのは少しハードルが高い気がするが、食事時に飲まないと機能が働かないということもないので、気楽に飲み続ける意識がちょうどいいのかもしれない。

健康を意識する選択肢が身近な中に持てるということ

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。