ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Android 4.0の公式ベータROMにWi-Fi・Bluetooth機能やGoogleアプリなどを追加したXperia ray用カスタムROM「RayOniumICS.v1」が公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Sony Ericssonが数日前に公開したAndroid 4.0のベータROMは、認証の関係でWi-FiやBluetoothは無効で、Googleアプリは搭載されていませんが、それを非公式に有効・搭載したカスタムROM「RayOniumICS.v1」が公開されました。

RayOniumICS.v1では公式ベータROMをベースに、root化やWi-FiとBluetoothの有効化、Googleアプリ(フェイスアンロックは無し)の追加、Xperia Sのライブ壁紙(RayOniumICS.v1)やミュージックウェジェット(MusicWidget.apk)、Xperia2011年モデルの時計ウィジェット(DigitalClockWidget.apk)、Galaxy Nexusのホームアプリ(Launcher2.apk)も追加されています。

ダウンロードするファイル
・ROM本体(Googleアプリ入り):RayOniumICS.v1_ST18i_CyberNeo_Signed.zip
・ClockworkModリカバリ入りカーネル:boot_cwm.img
・標準カーネル:boot.img

導入手順
1. ROM本体「RayOniumICS.v1_ST18i_CyberNeo_Signed.zip」をXperia rayのSDカードにコピー
2. Xperia rayの電源を切り、Fastbootモードで起動(ボリュームダウンボタンを押しながらPCとUSB接続)。
3. ClockworkModリカバリ入りカーネル「boot_cwm.img」をfastbootコマンドで焼く。

fastboot flash boot boot_cwm.img

4. Xperia rayを再起動し、ClockworkModリカバリを起動(ソニエリ(またはソニー)ロゴ表示中にボリュームダウンボタンを数秒押し続ける)。
5. ClockworkModリカバリのメニューから、ROM本体「RayOniumICS.v1_ST18i_CyberNeo_Signed.zip」を焼く。
6. Xperia rayの電源を切り、再度Fastbootモードで起動。
7. 標準カーネル「boot.img」をfastbootコマンドで焼く。

fastboot flash boot boot.img

手順は以上です。

Source : RayOniumICS.v1 [ICS Beta,Rooted,Latest Gapps,BusyboxWifi,Bt,with tweak][25 Feb]


(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy Note 10.1の看板がMWC 2012会場付近で見つかる
Samsung、プロジェクターを搭載したAndroidスマートフォン「Galaxy Beam」を発表、デュアルコアCPU・2,000mAhバッテリーを搭載
Samsung、Android 4.0を搭載した10.1インチタブレット「Galaxy Tab 2 (10.1)」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。