ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

エド・シーラン、脇腹に掘られた日本語タトゥーの謎

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

エド・シーラン、脇腹に掘られた日本語タトゥーの謎
J-WAVEで放送中の「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」(ナビゲーター:ジョン・カビラ)のワンコーナー「THE HIDDEN STORY」。4月21日(金)のオンエアでは、洋楽雑誌「INROCK」の発行人・加藤有子さんにエド・シーランの取材秘話を伺いました。

1979年の創刊以来、海外のアーティストを追いかけ、イケメンミュージシャンが多数登場する「INROCK」。加藤さんによれば、エド・シーランは今も昔も変わらず、自分のことを話すのがあまり得意じゃない人なのだそうです。取材のときに困ったのは、質問しても「そうだよね」とニコリと笑顔で答えてしかくれないこと。今回は前より話してくれたそうですが、取材慣れしてきたせいか、「余計なことはしゃべるまい」という姿勢を強く感じたそうです。

2014年にリリースされたアルバム「X(マルティプライ)」の収録曲「Thinking Out Loud」でエド・シーランは、第58回グラミー賞を獲得し世界的な大スターとなります。この直後に長い休暇に入りましたが、その際、お忍びでガールフレンドと日本にも来ていたそうです。

「休暇中にいろんな国に行っていたんですけど、日本には4週間いたんです。そのとき彼の最愛のガールフレンド、シェリルと一緒に二人だけで北海道から沖縄まで回って。エドはアルバムで彼女のことを何曲も書いているんですけど、二人は幼なじみ。でも彼女はアメリカに引っ越しちゃって、エドも16歳からツアー生活が始まって、恋愛まで発展しなかったんですね。それが数年前に再会して、とっても大事にし合ってるみたいです。ファッションモデルでもなく、有名女優でもなく…本当にそういうのがエドらしいと思うんですよ」(加藤さん、以下同)

そして「INROCK」取材の際に明らかになった秘話中の秘話は、彼の脇腹に書かれていたある詩のことでした。

「左の脇腹に日本語の詩が書いてあるんです。入れ墨で6行くらい。初めは和歌かなと思ったら、詩だったんです。服をめくって見せてくれたんですけど、写真撮影の段になったらマネージャーからストップが入ったんです。これはプライベートだからと。だからしっかりとは見れていないんですけど」

日本のティーンエイジャーにも人気があるエド・シーラン。その理由について加藤さんは「エド・シーランっていう存在、彼の才能をみんな好きなんじゃないかなと」と話します。

最新アルバムは割り算の記号を使った「÷(ディバイド)」。このタイトルを「自分の愛をいろんなところに分けるということでしょうか」と解釈する加藤さんは、エド・シーランを「愛の人」、そう表現しました。 

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」
放送日時:毎週金曜 6時ー11時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。