ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

疲れた、忙しい…ネガティブな「口ぐせ」をプラスに言い換えるには?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

自分では気づいていないかもしれませんが、誰しも、つい口にしてしまう「口ぐせ」を持っているものです。

周りの人を観察してみると、仕事中に「あー疲れた」「しんどいなあ…」とこぼしている人、「はあ~…」とため息をついている人…いませんか?これらのネガティブな言葉は、すべて「口ぐせ」ですが、意識していっているわけではなく、大半が無意識のうちに口を突いて出てしまっています。

しかし、「たとえ無意識に出た口ぐせであっても、ネガティブな口ぐせは感情に大きな影響を与え、どんどん自分の気持ちをマイナス方向に導いてしまう」と、臨床心理士の山名裕子さんは警鐘を鳴らします。環境、感情、行動(言葉)、志向、身体の5つは密接に関係し、互いに影響し合っているからなのだとか。だからこそ、「口ぐせをプラスに変えるだけで、心が軽くなり、考え方が前向きになり、身体が軽くなり、行動の範囲が広がる」とおっしゃっています。

そして先ごろ、人生を明るく前向きにするための口ぐせと、その効果をまとめた山名さんの著書、『幸せを引き寄せる「口ぐせ」の魔法』が発売されました。今回はその中から、ビジネスパーソンがつい言ってしまいがちな「ネガティブ口ぐせ」と、その対処方法をいくつか、ご紹介します。

f:id:itorikoitoriko:20170421144445j:plain

「疲れた…」は負の呪文と心得る

「疲れた…」は、誰しも言いそうになってしまう口ぐせです。通勤途中、仕事の途中、残業中など、つい口を突いて出てしまうという人も多いでしょう。

ただ、「疲れた」という言葉の威力はとても大きいので注意が必要。耳から入った言葉が、脳に「疲れている」と指令を出してしまうため、自律神経の働きが乱れてしまうのです。その結果、ますます体は疲れ、重くなってしまいます。

「疲れた」状態を色に例えてみるとわかりやすいです。よどみ、まだらになった茶色や黒など、濁った暗い色を創造する人が多いのではないでしょうか?

「疲れた」と口に出すと、その濁った暗い色がそのまま表情に出てしまいます。すなわち、顔色は悪くなり、表情は淀み、しわが寄ってしまうのです。

「疲れた」という言葉を、「お疲れ様」に替えるだけで、身体に与える影響はがらりと変わります。「お疲れ様、自分!よく頑張った!」という、達成や激励のニュアンスになるからです。

自分を励ます言葉を選べば、自然と活力が湧いてきます。言葉は現実を創るということを、覚えておいてください。

「忙しい」と口にすると、それだけでパフォーマンスが下がる

デキる人は、常に活発に動いていて、仕事もプライベートも充実させています。傍から見ると十分に「忙しい」状態なのですが、そういう人から「忙しい」という言葉が出てくることはまずありません。

なぜなら、「忙しい」と口にすると、その言葉が自分の耳から入り、脳が「今自分は忙しい状態なんだ」と認識して、精神的な余裕がなくなってしまうから。精神的余裕がなくなると、自身の仕事の内容を精査しなくなり、仕事の質が下がります。つまり、「忙しい」とこぼすほど、自ら切羽詰まった状態を作り出し、自分を追い込んでしまっているのです。

中には、本当は忙しくないのに、「忙しい」と言うことで“忙しい自分”に酔っている人も見受けられます。前者とは置かれた状況が違いますが、この場合も注意が必要。「忙しい」と言うことで現状に満足してしまい、そこで成長が止まってしまうからです。「忙しい=もう十分頑張っている」と自分の限界を決めてしまい、さらに上を目指す気持ちになれなくなります。

実際に仕事が山積みな状態でも、できるだけ「忙しい」と言わないほうが結果的にプラスです。例えば、「まだまだいける」「大丈夫!」という言葉に言い換えれば、自分自身を鼓舞してくれ、さらに上を目指すパワーが生まれます。ただ、くれぐれも無理をし過ぎることなく、こまめに休息を取ることは忘れないでください。

「できない」と言ったとたんにチャンスが消える

f:id:itorikoitoriko:20170421144448j:plain

口に出した言葉には、それを現実化するパワーがあります。例えば、責任ある役割を任されたとき、少し高めの目標を与えられたとき、「できない」という否定の言葉を使ったが最後、「本当にできなくなってしまう」ので注意が必要です。

中には謙虚な気持ちで「私には荷が重いかも…」などと言うケースもあるかもしれませんが、その瞬間に周りが期待しなくなるし、二度と頼まれなくなります。謙虚に受け止めたつもりが、自らチャンスを潰してしまっているのです。

もしも「できます!」と自信を持って言うことができないならば、「やってみます!」に言い換えるといいでしょう。「できるかぎりやってみます」でもいいかもしれません。

人は誰しも、新しいことに挑戦するときには大きな不安やストレスを覚えます。しかし、一歩踏み出してみないことには何もわかりません。一歩踏み出すことでうまく歯車が回り出し、「想像よりも簡単だった」「思ったよりも自分に向いていた」などと思えることも。

「できない」の一言で可能性をシャットアウトするのではなく、「できます、やってみます」などのプラスの言葉で自分の背中を押せば、チャンスが広がりますよ。

「やっぱりだめだった」ではなく「今回はたまたま」と考える

「やっぱり…」という言葉は、失敗が怖い方、傷つきやすい方が、リスクヘッジのためによく使う言葉です。

例えば、仕事で失敗したときに「やっぱりダメだった」と言えば、「最初からそう思っていたんだから仕方ない」と自分の心を慰め、満足させることができるからです。

しかしこれは、単に失敗と言う現実を受け止めず、失敗の本質から目をそむけているだけにすぎません。だから、失敗からの学びがなく、また同じ失敗をしでかしてしまう。そして、そのたびに「ほら、やっぱり…」でやり過ごすと、失敗ばかりが続く「負のスパイラル」に陥ってしまいます。

例えば、商談が却下されたとき、「この商談、やっぱりだめだった…」と言ってしまったことはありませんか?確かに商談自体は不成立に終わったかもしれませんが、クライアントに向けたプレゼンテーションの中のいくつかは、相手の心に刺さったかもしれません。企画の一部分は、非常に有効な策として認められていたかもしれません。それもすべてひっくるめて「やっぱり失敗した」という言葉で終わらせてしまっては、全く成長がありません。

初めは辛いかもしれませんが、安易に「やっぱり」を口にすることを止め、「今回はたまたま」と捉え、できるだけ口に出しましょう。それにより、失敗の中に合ったかも知れない「成功の兆し」を、見つけようという姿勢になれます。小さな成功であっても、見つけられれば自己肯定感が高まり「次はもうちょっと頑張ろう」と前向きな姿勢になれますよ。

ネガティブな感情が湧くのは当たり前。ただ「口に出すとき」はポジティブに

f:id:itorikoitoriko:20170421144446j:plain

怒り、あきらめ、否定…これらのネガティブな感情を抱くことは、ごく自然なこと。この本においても、ネガティブな感情にふたをして、無理にポジティブに捉えることは推奨していません。

ただ、ネガティブな感情を「口にするとき」は、できるだけポジティブなものに言い換えたほうが前向きになり、その後の人生がうまく運ぶようになる――と著者は説いています。

本書では、今回ご紹介した「言ってはいけないネガティブな口ぐせ」をプラスに言い換える方法のほか、「幸せになれる口ぐせ」「チャンスをつかめる口ぐせ」「美しくなれる(ステキになれる)口ぐせ」などが具体的に紹介されています。

紹介されている「前向きな口ぐせ」は、どれも奇をてらったものではなく、日常的で当たり前の言葉ばかり。でも、その当たり前の言葉が、普段どれだけ言えていないか。この本を読むと痛感させられます。

最近、仕事で成果を出せていない、仕事がうまく回っていないと感じる人は、もしかしたら「口ぐせ」に原因があるかもしれません。自分の口ぐせを認識し、前向きな言葉に替えることが、現状を変えるきっかけになるかもしれませんよ。f:id:itorikoitoriko:20170421144447j:plain

参考書籍:『幸せを引き寄せる「口ぐせ」の魔法』/山名裕子/ダイヤモンド社

EDIT&WRITING:伊藤理子

関連記事リンク(外部サイト)

周りから「応援される人」が大事にしている“たった1つのこと”
ドラッカーが説く「コップの水」理論とは?
成果が上がる! スポーツドクターに聞くたったひとつの「心の整え方」

リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。