体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

疲れた、忙しい…ネガティブな「口ぐせ」をプラスに言い換えるには?

自分では気づいていないかもしれませんが、誰しも、つい口にしてしまう「口ぐせ」を持っているものです。

周りの人を観察してみると、仕事中に「あー疲れた」「しんどいなあ…」とこぼしている人、「はあ~…」とため息をついている人…いませんか?これらのネガティブな言葉は、すべて「口ぐせ」ですが、意識していっているわけではなく、大半が無意識のうちに口を突いて出てしまっています。

しかし、「たとえ無意識に出た口ぐせであっても、ネガティブな口ぐせは感情に大きな影響を与え、どんどん自分の気持ちをマイナス方向に導いてしまう」と、臨床心理士の山名裕子さんは警鐘を鳴らします。環境、感情、行動(言葉)、志向、身体の5つは密接に関係し、互いに影響し合っているからなのだとか。だからこそ、「口ぐせをプラスに変えるだけで、心が軽くなり、考え方が前向きになり、身体が軽くなり、行動の範囲が広がる」とおっしゃっています。

そして先ごろ、人生を明るく前向きにするための口ぐせと、その効果をまとめた山名さんの著書、『幸せを引き寄せる「口ぐせ」の魔法』が発売されました。今回はその中から、ビジネスパーソンがつい言ってしまいがちな「ネガティブ口ぐせ」と、その対処方法をいくつか、ご紹介します。

f:id:itorikoitoriko:20170421144445j:plain

「疲れた…」は負の呪文と心得る

「疲れた…」は、誰しも言いそうになってしまう口ぐせです。通勤途中、仕事の途中、残業中など、つい口を突いて出てしまうという人も多いでしょう。

ただ、「疲れた」という言葉の威力はとても大きいので注意が必要。耳から入った言葉が、脳に「疲れている」と指令を出してしまうため、自律神経の働きが乱れてしまうのです。その結果、ますます体は疲れ、重くなってしまいます。

「疲れた」状態を色に例えてみるとわかりやすいです。よどみ、まだらになった茶色や黒など、濁った暗い色を創造する人が多いのではないでしょうか?

「疲れた」と口に出すと、その濁った暗い色がそのまま表情に出てしまいます。すなわち、顔色は悪くなり、表情は淀み、しわが寄ってしまうのです。

「疲れた」という言葉を、「お疲れ様」に替えるだけで、身体に与える影響はがらりと変わります。「お疲れ様、自分!よく頑張った!」という、達成や激励のニュアンスになるからです。

自分を励ます言葉を選べば、自然と活力が湧いてきます。言葉は現実を創るということを、覚えておいてください。

「忙しい」と口にすると、それだけでパフォーマンスが下がる

デキる人は、常に活発に動いていて、仕事もプライベートも充実させています。傍から見ると十分に「忙しい」状態なのですが、そういう人から「忙しい」という言葉が出てくることはまずありません。

なぜなら、「忙しい」と口にすると、その言葉が自分の耳から入り、脳が「今自分は忙しい状態なんだ」と認識して、精神的な余裕がなくなってしまうから。精神的余裕がなくなると、自身の仕事の内容を精査しなくなり、仕事の質が下がります。つまり、「忙しい」とこぼすほど、自ら切羽詰まった状態を作り出し、自分を追い込んでしまっているのです。

中には、本当は忙しくないのに、「忙しい」と言うことで“忙しい自分”に酔っている人も見受けられます。前者とは置かれた状況が違いますが、この場合も注意が必要。「忙しい」と言うことで現状に満足してしまい、そこで成長が止まってしまうからです。「忙しい=もう十分頑張っている」と自分の限界を決めてしまい、さらに上を目指す気持ちになれなくなります。

実際に仕事が山積みな状態でも、できるだけ「忙しい」と言わないほうが結果的にプラスです。例えば、「まだまだいける」「大丈夫!」という言葉に言い換えれば、自分自身を鼓舞してくれ、さらに上を目指すパワーが生まれます。ただ、くれぐれも無理をし過ぎることなく、こまめに休息を取ることは忘れないでください。

「できない」と言ったとたんにチャンスが消える

f:id:itorikoitoriko:20170421144448j:plain
1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。