ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【2017年】電動自転車はポイントで見る!最新おすすめ5選

  • ガジェット通信を≫

シティサイクルと違い、乗ると長距離移動が楽になる電動自転車。少々割高だけど、2017年の今年は電動自転車を買おうかな、おすすめが知りたいなと考えている方。何をポイントにして購入を考えていますか?乗り心地、走行距離、充電時間など自分に合ったポイントをチェックして、2017年の時点でおすすめの電動自転車を手に入れましょう。2017年も最新モデルがたくさん登場しているので、必見です。

電動自転車を購入予定の方に

null出典:tomokazu higashida

自転車に乗りたいけど、長距離を走ったり乗る回数も多くて疲れてしまう。そんな方には電動自転車がおすすめです。2017年も最新モデルが続々と登場し、店頭に行くとどれにしようかきっと迷ってしまうはず。そこで2017年の時点でおすすめの電動自転車モデルを、押さえておきたいポイントと共にご紹介します。

今まで乗っていた自転車を買取してもらう方法についても伝授するので、色々知りたい方はぜひ参考に。

2017年おすすめ電動自転車5選

null

[ミムゴ]FIELD CHAMP FDB20E KH-DCY310NE

ミムゴから発売、2017年4月発売のFIELD CHAMP FDB20E KH-DCY310NE。日本のメーカー、ミムゴは電動自転車をメインとした展開を行っており、こちらのモデルは最新。あまり電動自転車に見えないような軽量さとデザインが魅力。安いお店であれば、7万円台。最低でも8万円台で購入できるので、電動自転車としては非常に手ごろな価格です。充電時間は4時間で、走行距離は21km。

[ヤマハ]PAS CITY-X PA20CX

ヤマハから発売、2017年4月発売のPAS CITY-X PA20CX。ヤマハの電動自転車はカラー展開が豊富であるという点において群を抜いています。こちらのモデルもクリスタルホワイト、メタル、マットグラファイト、ジュエルレッドの4色展開あり。他にも、充電時間は3.5時間と、電動自転車としては短時間で充電が済むのに、65km走れるという高機能性。忙しい方には魅力ではないでしょうか。

[オトモ]Raychell FT-263R-EA

オトモから発売、2017年2月発売のRaychell FT-263R-EA。ボディだけでなく、カゴもブラウンでおしゃれなデザインが人気。乗りやすさも考えて、誰でもフィットする低床フレームを採用。充電時間は3.5~4時間で、走行距離は35kmと、一見、充電時間に対して走行距離数が少ないのではと思いがちですが、アシスト力として低(エコ)モード、中(標準)モード、高(強)モードの3段階で充電時間数の調節が可能です。

[ブリヂストン]Assista DX A6DC37

ブリヂストンから発売、2017年2月発売のAssista DX A6DC37。日本に本社を置く、世界最大手のタイヤメーカーが発売している自転車ということもあり、信頼を持ってこちらの製品を選ぶという方もいるでしょう。電動自転車では数が限られる、シフト数の3段変速が可能なので、場面によって乗り心地が選べるという点で、使い勝手がいいと言えるでしょう。充電時間は3.5時間で、走行距離は54km。

[パナソニック]VIVI EX BE-ELE633

パナソニックから発売、2016年12月発売のVIVI EX BE-ELE633。パナソニックの中では最も最新のこちらの電動自転車。家電メーカーということもあり、家電量販店では取り扱いの多いモデルです。シティサイクルに向いており、充電が完了するまで8時間かかりますが76kmと長距離走行できるため、何度も充電する手間回数を減らしたいという方におすすめのモデルです。

不要になった自転車はどうすればいいのか?

null

自転車購入店で引き取ってもらう

新しく電動自転車を購入することにした店先で、今まで乗っていた自転車を引き取ってもらうという方法があります。古すぎる自転車、乗り始めて何年も経過した自転車は引き取ってもらうのも良し。店により判断は異なりますが、数百円~数千円、もしくは無料で引き取ってくれるでしょう。

自転車は買取してもらうことも可能

乗り始めてまだ間もない自転車、明らかに綺麗な自転車、定価が高価な自転車などは買取してもらうことも可能です。買取の場合は引き取りと違って、査定金額が受け取れるという点でお得です。この場合は、自転車購入店ではなく、買取店に相談しましょう。

自転車を買取してもらう流れについて

null

複数の買取店に見積もり査定額を問い合わせる

売りたい自転車のメーカーや型番を控え、使用状況と共に、複数の買取店に見積もり査定額を問い合わせましょう。複数の買取店に見積もり査定額を問い合わせることで、本当に売れる店と、一番高く売れる店が絞られます。

お店ごとに買取価格は異なる他、家まで集荷に来てくれるかどうかなどサービス内容も異なります。まずはいくつかの店に相談することを重要視しましょう。

ウリドキサイトを活用すれば、複数店のサービスが比較可能です。実際に買取してもらったという口コミも掲載されているので、参考に。見積もり査定額はメールフォーム、もしくは電話で問い合わせ可能です。

→ウリドキのホームページへ

売るときは綺麗な状態で価格アップ!

できるだけ綺麗な状態にして査定してもらうことで、買取金額がアップします。特に自転車は外に置いておく方も多く、汚れがちです。綺麗に汚れは拭きとっておくだけで高く売れると嬉しいですよね。傷んでいると減額ポイントになる他、買取してもらえないこともあるので、売りたいと思ったら早めに買取してもらうことも心がけておきましょう。

気になるモデルはお早めに!

null

電動自転車は通常の自転車と比べてやや割高ですが、日常的に使うことを考えると効率アップに役立ちます。今回は2017年の時点で最新モデルばかりを5種類紹介しました。最新の機能が揃った自転車を手に入れておくと、日々使っていく中でも長持ちするので安心です。乗らなくなった自転車は買取もしてもらって、賢く買い物するためにも役立ててください。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。