体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

話題の宇治抹茶カレーは、老舗お茶屋が本気で作った苦ウマ味!~ポンパレモール掘り出しモノ商店 Select.3~

f:id:ponparemall:20170421160149j:plain

ポンパレモールで売っている隠れた人気商品や、これどうやって使うの? 誰が買うの? なんて品を探してその魅力をお届けする連載「掘り出しモノ商店」。ポンパレモールで出会った掘り出しモノが、あなたの生活を潤す意外な愛用品になるかも!?今回の掘り出しモノは、京都府宇治の老舗お茶屋「伊藤久衞門(いとうきゅうえもん)」で発売以来話題をよんでいる、「宇治抹茶カレー」。宇治にある本店にその魅力を探ってきた結果、掘り出しPOINTはこちらの5点!

【掘り出しPOINTまとめ】

・ 社内でも激震が走ったほど、本格的すぎる「苦ウマ」抹茶味

・ ルーも具材も、全ては抹茶風味を活かすために捧げられていた!

・ 「退色が早い抹茶を、海外の旅行客に持って帰ってほしい」から生まれた

・ ごはんに合わせるカレー以外にもいける

・ 天保3年、創業180年余の老舗は攻めるチャレンジャーだった!

まずは実食。妖艶な見た目と本格的すぎる抹茶味に驚き!

発売以来、ネットでも継続的に話題となっている「宇治抹茶カレー」。抹茶スイーツなどは昨今たくさんあるけれど、抹茶とカレー…!?全然想像がつきませんが、何はともあれ、実食してみることに。

f:id:ponparemall:20170421160426j:plain

妖艶な抹茶色のルー。見た目のインパクトがすんごいです。

f:id:ponparemall:20170421160527j:plain

頂いてみます。

f:id:ponparemall:20170421160603j:plain

!!! 想像以上に苦味がある!その苦味の裏にカレーのスパイシーさが顔を見せ、なんとも食べたことのない味。「苦ウマ」という表現が近いかも。とにかく色といい、苦味といい、一体どれだけ抹茶が入っているんだ!?という濃さ! なんでこんな商品が生まれたのか、食べたらますます気になりだし…京都の宇治へ赴くことに!新幹線でビューンッ!

「はい、お待ちしておりました!」宇治抹茶パフェの巨大オブジェ(!)とともに出迎えてくださったのはこの抹茶カレーを生んだ「伊藤久右衞門」インターネット店店長の足立容子さん(以下同)。

f:id:ponparemall:20170421160648j:plain
1 2 3次のページ
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。