ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

VRで“化け猫”になって屋敷から脱出 カドカワ、VRアナログゲーム『ウルタールの化け猫』発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

株式会社カドカワは、VRとアナログゲームを組み合わせた『ウルタールの化け猫のぼくたちがVRを奪い合って呪われた屋敷から脱出するゲーム』を2017年5月20日に発売することを発表しました。

プレイヤーはこのゲームで、呪われた屋敷に閉じ込められた化け猫となります。屋敷に迷い込んだ「黒猫の目(VRゴーグル)」をほかのプレイヤーと奪い合い、屋敷の中に散りばめられたヒントを探し、自分だけが脱出を目指すことが目的となります。

ゲームではダイスを振って条件を満たすことで、スマートフォンを装着したVRゴーグルを覗くことができます。覗いた先のVR内にあるステージには「ひらがな」が隠されており、ひらがなを並び変えて意味のある単語を作ります。単語は3~5文字で自由に選択することができます。価格は4999円、プレイ人数は3~6人、プレイ時間は20分程度とのことです

なお、このゲームで遊ぶには、スマートフォン用無料アプリ『ウルタールの化け猫』をダウンロードすることが必要です。

【アプリ対応OS】
iPhone(必須環境:iOS8以降)、Android(必須環境:Android4.4以降)
※上記を満たしている場合でも、一部の端末ではダウンロード・プレイできない場合あり。

VRアナログゲームの盛り上がりに期待

VRとアナログゲームを組み合わせた作品としては、これまでにもギフトテンインダストリ株式会社の『アニュビスの仮面』といった作品などあります。同作はダンボール型のVRデバイスを使い、プレイヤーたちが順番にVRゴーグルを使ってダンジョン内部を見渡しながら、ダンジョンのマップを組み立てていくゲームです。


 
また同社の第2弾となるVRボードゲーム『モニャイの仮面』は、ミステリー・マガジン「ムー」が世界観監修を実施、海に沈んだ海底神殿を舞台として、伝説の霊獣ラパラパを見つけ出しUFOで連れ帰ることが目的のVRボードゲームとなっています。


 
筆者は『アニュビスの仮面』『モニャイの仮面』の両作をプレイしましたが、VRと現実を行き来しながら攻略するボードゲームに新鮮な面白さを感じました。複数人で協力するという形式のため、みんなで話し合いながら自然にわいわいと楽しめるのも魅力です。今後バリエーションあるVRアナログゲームが増えていくことで、盛り上がりを期待することができそうです。

モニャイの仮面 購入ページ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。