体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サイバーエージェント人事に聞いた!優れたプロダクトを出し続けられる背景とは

インターネットやスマートフォンが普及し、そういったサービスを自分で作ってみたいと思う人も増えてきています。今までIT企業で働いたことのない人も興味を持つ人は多くいるでしょう。

そういった企業で働く上で、そして自分でサービスを作るためには技術への理解が必須です。

 

今回は、株式会社サイバーエージェントで新卒採用の責任者をされている、小澤政生さんにお話を伺いました。優れたプロダクトを作るためにサイバーエージェントで取り組んでいる事例、今求められているエンジニアやデザイナー像について語ってもらっています。

これからエンジニアを目指す人、エンジニアと一緒に仕事をする人など、どの立場にいる人も参考になる内容でしょう。

 

エンジニアを採用するポイントは「素直でイイヤツ」「技術に前のめり」

ーーまずは、簡単な自己紹介をお願いします。

サイバーエージェント人事の小澤と申します。

経歴としては、2010年に新卒で入社し営業を経て、その後人事で採用に携わるようになってから6年目を迎えます。

ここ数年は、技術職の採用をメインに担当していましたが、今年3月から総合職含め新卒採用責任者を担当しています。

 

ーー今まで採用してきたエンジニアの性格や特徴などはありますか?

2つあり、エンジニアに関わらず、基本的に採用方針としては、素直でイイヤツを採用するというのが1つ目。

技術職採用については加えて「技術に前のめり」という点を見ています。

 

1つ目の素直でイイヤツというのは、言われたことを全部鵜呑みにするYESマンではなくて、私はよく「カラカラのスポンジみたいな人」と表現しています。

変化の激しいインターネット業界で、どんな勢いでどんな水が飛んでこようが、それをとりあえず吸収できる、そしてその水を自分で絞れる、つまりインプットとアウトプットのサイクルを早くして、仕掛けていきたい、という人を求めています。

そして技術者としては、自分が携わる業務の中の技術だけではなく、自分の興味があるところを意欲的に学べるかを重視していますね。

 

自発的に温泉でハッカソンをしたり、OSS活動、技術書の執筆活動を行う社員も多く、そういう社員の挑戦を応援する場を設けていきたいと考えています。

 

ーーハッカソンなどは、土日にも行っているんですか?

はい、土日も開催しています。自由に好きなものを創ると時もあれば、Webフロントエンジニアがネイティブに2日間挑戦するような合宿もあります。

社員が開発に集中し、個人のスキルアップを図れる制度として昨年9月に技術職に特化した人事制度「ENERGY(エナジー)」をリリースしました。

サイバーエージェントは、事業ドメインが広い中で「事業のチャレンジや技術的なチャレンジをもっとしたいけど、他の事業部の雰囲気や採用技術が分からず、部署異動がイメージできないのと、一つの部署で続けているとベテランとして中核を担うようになりプロジェクトから抜けづらい」といった声もあって、なかなか異動を言い出せないということがあったんですよね。

そこで「エンジニアFA権」という2年ごとに異動希望が出せる制度を創ったり、海外でのネットワーキングやカンファレンス参加による最新情報取得のため、選抜されたエンジニアが海外で一定期間働ける「ワーキングアブロード」など、技術者からのヒアリング内容を参考に8つの制度をパッケージ化しました。

 

非エンジニアでもプログラミングを勉強するワケ

ーー小澤さんが考える優秀なエンジニアの定義ってありますか?

特に新卒で活躍をしているエンジニアで共通するのは、やはり自分で課題を見つけて自分で解決策を考えて「ちょっと作っちゃいました」ということができる、自走できる人ですね。

自分の意見をしっかりプロダクトに込めることも出来ますし、どんな背景で作ったのか話せる方が優秀だなと一緒に働いてる社員を見ているとすごく感じます。

1 2次のページ
TechAcademyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。