ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ロジャー・ウォーターズ、“世界情勢への怒り”を込めた新ALをリリース

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ロジャー・ウォーターズ、“世界情勢への怒り”を込めた新ALをリリース

 元ピンク・フロイドのメンバー、ロジャー・ウォーターズが1992年『死滅遊戯』以来25年ぶりのアルバム『イズ・ディス・ザ・ライフ・ウィ・リアリー・ウォント?』を6月7日にリリースする。

 ロジャー・ウォーターズの25年前のスタジオ・アルバム『死滅遊戯』は第1次湾岸戦争の時代、90年代の世界情勢を背景にTV社会に警鐘を鳴らしたコンセプト・アルバムだったが、25年振りの新作『イズ・ディス・ザ・ライフ・ウィ・リアリー・ウォント?』も2017年現在の世界情勢を真向から捉えたものになっている。不安感、絶望感が渦巻くこの世界の紛争、危機、差別、環境、政治などへの怒りを込めた意見表明で、“これは我々が本当に望んだ人生なのか?”と問いかける、『アニマルズ』や『ザ・ウォール』といったピンク・フロイドの往年の名作のテーマを受け継ぐものとなっている。今回ナイジェル・ゴッドリッチがプロデュースとミキシングのほか、ギター、キーボードも担当しており、ファンの注目度もより高くなりそうだ。

 5月26日からは、【US+THEM】と題された大規模ワールド・ツアーを開始。北米だけで5月~10月までのロング・ラン・ツアーとなっている。

◎リリース情報
アルバム『イズ・ディス・ザ・ライフ・ウィ・リアリー・ウォント?』
2017/6/7 RELEASE(海外6月2日発売)  
SICP-5425/2,400円(tax out.)
<参加ミュージシャン>
ロジャー・ウォーターズ(ヴォーカル、アコースティック、ベース)
ナイジェル・ゴッドリッチ(編曲、サウンド・コラージュ、キーボード、ギター)
ガス・シーファート(ベース、ギター、キーボード)
ジョナサン・ウィルソン(ギター、キーボード)
ジョーイ・ワロンカー(ドラムス)
ロジャー・マニング(キーボード)
リー・パルディーニ(キーボード)
ジェシカ・ウォルフ&ホリー・プロクター(ヴォーカル)他

関連記事リンク(外部サイト)

『3月6日はなんの日?』ピンク・フロイドのフロントマン、デヴィッド・ギルモアの誕生日
ピンク・フロイド 、“アナログ復刻プロジェクト第3弾”本日発売
ピンク・フロイド 45年前の初来日公演&限定BOXリリース記念イベントの映像を公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。