体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

最短1時間で新鮮野菜が届く! IT時代の御用聞き「VEGERY」でおいしい野菜生活

最近では朝採りなどの新鮮さをアピールした野菜や、生産者の名前やコメントが入った野菜の人気が高まっていますよね。みずみずしいレタス、真っ赤な甘~いトマト、シャキシャキしたタマネギ。新鮮な野菜ほど美味しいものはありません。そういった新鮮野菜をスマホから気軽に注文できるサービスが「VEGERY」です。

最短1時間のスピード宅配とこだわりの野菜が人気!

VEGERYで扱っているのはオーガニック野菜をはじめ、肉、お茶などの加工品など、約150もの品目! 直接契約しているといく全国の農家から、こだわりの食材を取り揃えています。

それらの食材を、東京都内の対応エリアであれば、注文から最短1時間で届くスピード配送してくれるというのが最大の特長です。(当日配送は渋谷区、目黒区、港区、品川区、世田谷区、新宿区、中野区の一部地域に対応)

最近では大手スーパーでも即日配送サービスが増えてきましたが、注文締切が午前中までというところが多く、午後になってからでは当日中には配送が間に合わないことがあります。VEGERYは、午後の注文でもエリア内なら即日配送オーケー。しかも、配送時間を1時間刻みで指定できるので、忙しい時に重宝しそうです。

ひとつひとつの野菜に生産者が明記されており、それぞれの生産者の野菜作りにかける思いなどを読むことができます

「VEGERY」の即日配送便を頼んでみました

今回は新鮮なサラダが食べたーい! ということで、今日の夕飯に間に合うよう、VEGERYで野菜を注文してみました。

注文は簡単。専用アプリ「VEGERY」(iOS/Android版あり)をインストールし、宅配してもらう住所を登録。あとは欲しい野菜や果物をカートに入れて、宅配希望時間を選ぶだけ。決済はクレジットカードで行うため、受け取る際に現金でやりとりをする必要はありません。即日配送の場合、最低注文金額は1,500円。別途、送料が390円かかります。

人気の野菜はすぐに売り切れになってしまうことも。しかし、その日のうちに何度か入荷するため、午前に売り切れていたものが、午後には再入荷している場合もあります。

レタスにキュウリ、トマトなど、新鮮さが命の野菜を注文してみました。しめて1,650円

「VEGERY」スタッフが自宅までお届け

注文してから1時間後、バイクでVEGERYの野菜が到着しました。配達員の方は腰に八百屋さん風の前掛けをつけています。ちなみにこの前掛け、リアル店舗である八百屋「VEGEO VEGECO 根津店」で店員さんが着用しているものと同じものとのこと。八百屋さんが家に届けてくれたみたいで、楽しい気持ちになりました。

渋谷区にある「VEGERY」の配達所から、配達員さんが直接届けてくれました 届いた紙袋の中には・・・・・・みずみずしい野菜がぎっしり!
1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。