体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「Tablet Hotels」が選ぶ、世界のクラフトビール7選

「Tablet Hotels」が選ぶ、世界のクラフトビール7選

春は出会いの季節。老若男女あらゆる人と、おしゃべりをする機会も多いことでしょう。誰もがわくわくする話題に事欠きたくないあなたへ、特別な「地ビール」の情報を。

「Tablet Hotels」のビール通が選んだおすすめクラフトビールと、それぞれの醸造所に近い、お似合いのホテルをご案内。お酒を片手に賑わいながら、仲間と一緒にゴールデンウィークやこの夏の旅行プランを立ててみてはいかがでしょうか?

01.
アンデックス・ドッペルボック・デュンケル
(ドイツ・アンデックス)

「KLOSTERBRAUEREI ANDECHS」のドッペルボック
(アルコール度 7.1%)「Tablet Hotels」が選ぶ、世界のクラフトビール7選

ソフィテル・ミュンヘン・バイヤーポスト
アンデックスのビアガーデン(Photo: Stefan Schuhbauer)
フラッシング・メドーズ

ドッペルボック(濃厚なラガービール)好きが愛してやまない、この地とこのビール。修道士が作る、深みと飲みごたえのあるドイツビールです。聖なる山の聖なるビールとでも言いましょうか。

ドイツの鉄道・Sバーンのヘアシング駅から、爽やかな森林に囲まれた上り坂ルートを約1時間強歩いた先にあるのは、アンデックス修道院。バイエルンで何世紀と受け継がれてきた、ベネディクト会修道院らしいホスピタリティの伝統を丸ごと体験できる場所です。隣接したレストランで、キロ単位でオーダーできるシュバイネハクセ(ドイツのブタ料理)をしっかりいただき、自慢のドッペルボックビールをデザート代わりに堪能すれば、お腹も心も大満足。

■ピッタリのホテルは…

ここには、ミュンヘンからの日帰り旅行として訪れるのがおすすめ。セントラル駅からSバーンを利用すれば、アクセスも簡単です。泊まるのは、すっきりとしたアートギャラリーのようなスタジオ式ゲストルームと、屋上のテラスバーからアルプスの山が眺められる「フラッシング・メドーズ」。

または「ソフィテル・ミュンヘン・バイヤーポスト」のエレガントなスパとフィットネスセンターで、贅沢な食事で吸収したカロリーをそぎ落とすのもいいのかも。

02.
トラピスト・ウェストフレテレン XII
(ベルギー・ウェスト=フランデレン州フレテレン)

「BROUWERIJ WESTVLETEREN」のクアドルプル
(アルコール度 10.2%)「Tablet Hotels」が選ぶ、世界のクラフトビール7選

ウェストフレテレン修道院
メインストリート・ホテル
スポール62

世界最高のビールは、なかなかお目にかかれないもの。「ウェストフレテレン XII」は、修道院で醸造されているトラピストビールの伝統に従って、醸造量も控えめ。しかも卸売はしないということで、ビール好きにとっては伝説的存在です。

でも、努力して手に入れれば、その複雑な味わいと飲みごたえに、(単なる高度アルコールによる酔いではなく)開眼したかのような気分になるはず。スパイス豊かな風味から始まり、複数種の酵母から生まれた深みを感じるフルーティーな味わいへ。アルコール度の強いビールだから、フランドル地方の寒い夜でもポカポカでいられそう。

一つだけ、ここを訪れる際はご注意を。ゲストハウスで味見をすることは可能だけれど、ビールの購入には電話予約が必要で、ピックアップでの販売のみ。しかも需要をはるかに下回る製造量なので、予約連絡はお早めに。

■ピッタリのホテルは…

近くの町イーペルは、第一次大戦の最前線として歴史的に知られる土地であると同時に、ホロ酔いの旅行者も優しく迎えてくれる町。全6室の「メイン・ストリート・ホテル」は、スタイリッシュなプチホテル。

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。