体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カエルの粘液でインフルエンザ撃退?新発見された「ウルミン」とは

カエルの粘液でインフルエンザ撃退?新発見された「ウルミン」とは
2017年4月20日(木)、アメリカで行われた研究によって、一部のインフルエンザウイルスに対し、新発見されたカエルの防御物質「ウルミン」が有効であることが明らかとなりました。(参考)

流行シーズンになると多くの感染者を出すインフルエンザですが、アメリカが行った最新研究によって発見された「ウルミン」とはどのような物質なのでしょうか。

今回はインフルエンザウイルスに対する研究背景、アメリカで行われた研究内容、カエル以外にも生物や自然が医療に役立っている例を医師に解説していただきました。

インフルエンザウイルスに対する薬への問題点

カエルの粘液でインフルエンザ撃退?新発見された「ウルミン」とは
インフルエンザウイルスに対してはワクチン(予防接種)がありますが、ワクチンのタイプと実際流行しているウイルスが一致するとは限らず、ワクチンを打っていても完全に感染を予防することはできません。

また、タミフルやリレンザといった抗インフルエンザ薬もありますが、ウイルスの変化により薬剤耐性が出て、薬が効かないウイルスも存在することが問題となっています。

そのため、新しい仕組みでインフルエンザウイルスを撃退する薬が求められています。

アメリカで行われたカエルの粘液に関する研究

カエルの粘液でインフルエンザ撃退?新発見された「ウルミン」とは
アメリカエモリー大学医学部から報告された研究によると、インドに生息するカエルの粘液に、インフルエンザウイルスを破壊する力があるとのことです。

カエルは自分にとって有害な病原体に対抗するために粘液を分泌しており、粘液中には抗ウイルス作用を持つ防御タンパク質が含まれています。

カエルの病原体とA型インフルエンザウイルスは構造が似ており、カエルの防御物質がインフルエンザに対しても効果を持つのではないかと考えられています。

《参照》
・CNN

新しく発見された防御物質「ウルミン」

カエルの粘液でインフルエンザ撃退?新発見された「ウルミン」とは
今回の研究によって発見されたカエルの防御物質は「ウルミン」と名付けられました。ウルミンは、インフルエンザウイルスの表面にある突起を壊すことでウイルス粒子を破壊します。

ウルミンの威力は強力ですが、H1というタイプの突起を持つウイルスにしか効きません。例えば1997年に流行した鳥インフルエンザであるH5N1型には効果がないということになります。

「ウルミン」の発見による今後の課題

カエルの粘液でインフルエンザ撃退?新発見された「ウルミン」とは
カエルから発見された抗ウイルス物質であるウルミンを人間の治療に応用するためには、どうやって人間に投与するかを検討する必要があります。

また、カエルが分泌する防御物質には、細菌やエイズウイルスにも効果があるものがあり、薬への利用ができないか研究が進むことと思います。

生物や自然が医療に役立っている例

コモドドラゴン

カエルの粘液でインフルエンザ撃退?新発見された「ウルミン」とは
トカゲの仲間であるコモドドラゴンの唾液に、殺菌作用のある物質が含まれており、多くの抗生物質に耐性を持つ細菌にも有効ではないかと期待されています。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。