ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

地方自治法70周年記念の宝くじ 1万円当せんが4万本

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 宝くじはどこから発売されているかご存じですか? 国やみずほ銀行と思いがちだが、実は、都道府県や政令指定都市などの「地方自治体」なのだ。

 宝くじの発売許可を出す権限があるのは総務大臣だが、平成13年の省庁再編までは、“自治大臣”という名称だった。このことからも、宝くじと地方自治体には深いつながりがあるといえるだろう。

 その地方自治体を司る「地方自治法」が公布されたのが昭和22(1947)年4月、それから今年でちょうど70年になることから、それを記念した「地方自治法70周年記念くじ」が、4月19日から発売中だ。1等は6000万円が3本、これに前後賞が2000万円ずつつくので、最高で1億円が当たる。

 この宝くじは連番・バラに関係なく、購入した10枚の中に1等が3本入る可能性もある。さらに、特別賞の「70周年記念賞」1万円が4万本も用意されている。

 また、全国発売の宝くじでありながら、発行枚数は年末ジャンボの25分の1と少ないのも特徴。販売最終日の5月9日を待たずに完売することも考えられるので、お早めにご購入を。

※女性セブン2017年5月4日号

【関連記事】
東日本大震災復興宝くじ 発売額は25億円で10億円を被災地へ
春きらきらくじ 1万円当せん率が大幅にUPしているのが特長
5000万円当たる確率最も高い「ドリームジャンボミニ5000万」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。