ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

アイスランドの代表的な料理&スイーツ16選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

皆さんは、アイスランドを訪れた経験はございますか?観光地として世界的に有名なブルーラグーンや、氷の洞窟など、自然豊かな場所として有名です。

もちろん観光は楽しみですが、やっぱり旅といえばグルメも楽しみたいですよね。アイスランドは食事代はかなり高いのですが、その分衛生管理はしっかりしており、何を食べても安心。

今回は、そんな魅力溢れるアイスランドの代表的な料理とスイーツを16選をご紹介していきます。

*編集部追記
2017年4月に公開した記事に新たに3選加筆しました。(2017/9/19)

 

アイスランドの食事事情

photo by shutterstock

豊富な魚介類が味わえることで有名なアイスランド。調理法のレパートリーは少ないですが、素材選びや調理の手間を惜しまないため、総じて味もおいしいです。

豊かな自然の中でのびのび育った羊のラム肉や、タラ、手長海老など、おいしいグルメがたくさん!海鳥やサメなど、ちょっと変わった動物が食材として使われているのも、他国と違いユニークです。

 

しかしながら物価が高いアイスランドは、油断するとすぐに財布からお金が減っていきます。前菜でひと皿2,000円以上、メインで3,000円から6,000円と、とにかく高い!

予算があまりない方は、きちんとレート計算しながらオーダーするようにしましょう。

 

ベストフード

photo by shutterstock

私がおすすめするのは、地元で獲れた新鮮なアイスランディック・ロブスター!レストランでの値段の相場は、小さめのひと皿が4,000円とやはり高いですが、それでも挑戦する価値ありです。

素材が新鮮なためか、味付けがシンプルでもおいしいです!レイキャヴィークや海岸近くの街には、ロブスターが有名なレストランがいくつかあるので、ぜひ挑戦してみてください。
アイスランドのおすすめの記事はこちらです
アイスランドの治安は?物価は?アイスランド旅行の基本情報まとめ
「氷の洞窟」はオーロラ以上の絶景⁉︎アイスランドの見所まとめ
アイスランドおすすめ観光スポット12選

 

1.ハンギキョート

photo by shutterstock

アイスランドの伝統料理であるハンギキョートは、仔羊の腿肉を塩と香辛料でつけ込み、燻製にした保存食です。羊本来の素朴な味わいが楽しめる一品です。

 

2.ハゥカートル

Olly Hollyさん(@mr_gipsy)がシェアした投稿 – 2017 3月 26 10:49午前 PDT

サメ肉を常温発酵させたユニークな食べ物・ハゥカートル。食材のユニークさもさることながら、その匂いも強烈!日が経ったイカのニオイにちょっと似ており、食感はカマボコとゴムの間のような感じです。

他の場所ではなかなか食べることができないので、ぜひ挑戦してみてください。

 

3.ハルズフィスクール

Lin Gayさん(@linisgod)がシェアした投稿 – 2017 1月 8 7:11午前 PST

コダラまたはタラから作られるドライフィッシュで、大人にも子どもにも大人気!食べ方としては、まずハルズフィスクールをハンマーで叩き、それからバターをつけていただきます。

 

4.グラフラックス

photo by shutterstock

クリスプブレッドや茹でたジャガイモの上に、香辛料で味付けしたサーモンやチーズをのせた料理で、前菜として出されることが多いです。

 

5.アイスランディック・ロブスター

photo by shutterstock

海に囲まれていて漁業が盛んなアイスランドでは、新鮮なシーフードも楽しめます。アイスランディック・ロブスターとは手長エビのことで、地産のバターやハーブなどと合わせていただきます。地元で獲れたシーフードは、新鮮でおいしいです!

 

6.スキール

photo by shutterstock

食感はヨーグルトだけど、味はチーズに似ている食材・スキール。高タンパクなのに低脂肪で健康的!ブルーベリーやストロベリー、クリームなどと相性抜群ですよ!

関連記事リンク(外部サイト)

北海道の人気お土産26選!絶対外さない北国銘菓
震災から1年。熊本の魅力を味わう「レッツクマモト」に参加してきた
初心者でも大好きな1杯が見つけられるアジアのコーヒー4選
うまかもんが沢山の福岡の絶品グルメ6選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。