体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『キッチンでもスイスイ活用 スマートフォンスタンドケース』濡れた手でスマホ操作OK!動画やレシピを見ながら楽しく料理!!

料理を作る時には、スマホでレシピを検索!というのが常識となった今、濡れた手でそのままスマホを操作できる超便利なアイテムを紹介! その名もキッチンでもスイスイ活用 スマートフォンスタンドケース。たしかに料理中、スマホを触るために何度も手を洗ってタオルで拭く…という状況はよくあるもの。このケースを使うことで、果たしてどれほど便利になるのか!?

 

吊しても、立てても使える2WAYタイプ!ただしAndroid愛用者は、スリープ時間に要注意!?

株式会社フェリシモ(兵庫県神戸市)キッチンでもスイスイ活用 スマートフォンスタンドケースは、樹脂製のスマホケース。使い方は直接スマホを入れるだけと、とってもシンプルだ。

対応するスマホのサイズは縦14cm、横7.5cm、厚さ1cm(ケース込み)程度まで。通常のスマホであれば恐らく問題なく使用できると思うが、大きめのカバーなどを装着している場合には注意が必要だ。

それではさっそく使ってみる。チャックを開くと、台紙ポケットとスマホポケットに分かれているので、チェック柄の台紙が入っていないほうのポケットにスマホを挿入する。

ケースの上部にはフックが付いているため、このままキッチンツールなどと並べて壁に掛けて使うこともできる。

スタンドタイプへの変更は、裏側のスナップを外して下のスナップに付け替えるだけ。この時、スタンドの折れ目部分はかなりキチッと折り曲げておくことが大切。折れ目が甘いと、スマホの重みで後ろに倒れてしまうのだ。

これで完成…と思ったのも束の間。問題が発生! スマホのスリープ機能によって、すぐに画面が消えてしまったのだ。スマホの表面に起動ボタンがあるiPhoneならまだしも、記者の携帯はAndroid。横に起動ボタンがあるため、ボタンが相当押しにくい。なんてこった…と、ここでシンプルな解決方法に気が付いた。そう、スリープまでの時間を長く設定してから、料理に取り組めばいいのである! これで一安心。

ラクラク操作に感動!音楽を聴いたり動画を観たり…キッチンが自由な空間に

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。