体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カサビアン、新作から8分超の新曲リリース&UKツアーで最新曲を多数披露

カサビアン、新作から8分超の新曲リリース&UKツアーで最新曲を多数披露

 5月10日にニュー・アルバム『フォー・クライング・アウト・ラウド』の発売を控えているカサビアンが4月18日、英ロンドン・O2フォーラムにてUK/アイルランド・ツアー初日公演を開催。そのライブ・レポートが届いているほか、新作から8分超の新曲「アー・ユー・ルッキング・フォー・アクション?」がリリースされた。

カサビアン ツアー初日公演写真(全6枚)

 これまで、UKの二大ロック・フェスティバル【グラストンベリー】、【レディング&リーズ】でヘッドライナーを務めた経験があり、万単位のオーディエンスを動員してきた世界トップ・クラスのライヴ・アクトとしても評価されている彼らだが、今回は小規模な会場を中心に廻るツアーとなっており、O2フォーラム3公演を含む全6公演は即ソールド・アウト。その初日では、「シュート・ザ・ランナー」「エンパイア」「クラブ・フット」「ファイア」などの代表曲を中心に、4月に公開された最新シングル「ユア・イン・ラヴ・ウィズ・ア・サイコ」、そして「カムバック・キッド」「イル・レイ(ザ・キング)」「ブレス・ディス・アシッド・ハウス」など、5月にリリースされる新作から多くの最新曲をいち早く盛り込んだセットリストで、新作を待ち詫びるファンの熱狂の連続となった。

 ファンファーレに乗ってバンドが登場し、帰還を飾るにはやっぱりこれ! 新作からの「カムバック・キッド」でキック・オフ。ヒロイックなロックンロールの先制パンチが決まったところで、場内が両腕を上げて踊り出した「バンブルビー」のシャッフル・グルーヴ、爆音に顔が溶けそうな波動砲「アンダードッグ」、ダフト・パンクの「アラウンド・ザ・ワールド」を挿入した「イージー」と、レイヴの陶酔とロックのダイナミズムが切れ目なく押し寄せる。中盤のアコースティック編「ラ・フェ・ヴェルテ」でストリングス隊やホーンの厚みとニュアンスも加えた本気のサウンドは、“前哨戦”どころではないスケールだ。

 アンコールも含めて1時間半、全17曲のセットのうち実に13曲がシングル。必勝ゴール=人気曲をバンバン決める出し惜しみなしの展開はクライマックスの連続で、雄叫びに近い合唱、肩車、ジャンプに揉まれるうちにビールの雨が頭に降り掛かり……と、これはもはやサッカー観戦のノリ。サージも「お前ら、最高だよ!まだ火曜日だぜ?」と熱いリアクションを嬉しそうに讃えていたが、終盤の「エンパイア」、「L.S.F.」、といった<カサビアン・クラシック>でその勢いは衰えるどころか逆に増し、フィナーレ「ファイア」で文字通り場内は一丸と化した。

 グレイテスト・ヒッツの合間に新曲を織り込んだとも言えるこのショーは、一級のロック・バンドであると同時に一級のエンターテイナーである面も忘れない、スノビズムとは無縁なゆえに愛されてきたカサビアンらしいもの。しかし何より心に残ったのは、新作からの「ユア・イン・ラヴ・ウィズ・ア・サイコ」、そして「ブレス・ディス・アシッド・ハウス」が放つあたたかな包容力だった。先行ビデオやテレビ出演などですでに早耳ファンは体験済みのトラックとはいえ、鉄壁なヒット曲に挟まれると分が悪い――はずなのだが、彼らにしては直球な清々しい美メロとポジティヴな愛情のトーンに、野外夏フェスが一足先に訪れたような光を感じた。心地良さげに(うろ覚えで)サビを歌い始めるファンも多く、その速効性は明らかだった。

 デビュー時に“ミステリアスな音楽ゲリラ集団”なイメージを打ち出した彼らには、遊撃や奇襲を得意とするバンドという印象がついて回ってきたと思う。しかしこの2曲から広がる抗いがたいフィール・グッドの輪は、真正面からてらいなく歌いかけるまさしく正攻法。ちょっと危険な匂いを持つエッジのあるロック、踊りまくれるロックに加わった、泣けるロック――カサビアンという多面体は、まだ新たな輝きを身につけ、進化し続けているのだ。その最新モードを、8月のソニックマニア出演でしかと見届けてほしい。

Text:坂本麻里子
Photo:Chiaki Nozu

 なお、新作リリースに先駆け、アルバムに収録される「アー・ユー・ルッキング・フォー・アクション?」の配信がスタートしている。今作の作詞、作曲、プロデュースを全て手掛けたギターのサージが“アルバムの素晴らしいセンターピース”と語るように、本楽曲はアルバムの中心に収録。8分22秒にわたるカサビアンの代名詞とも言えるサイケデリックなダンス・ロック・サウンドが全開の大作だ。現在iTunesではアルバムを予約すると、リード・シングル「ユア・イン・ラヴ・ウィズ・ア・サイコ」に加え、「カムバック・キッド」、「アー・ユー・ルッキング・フォー・アクション」の3曲がすぐにダウンロードすることができる。また、新作のデラックス・ヴァージョンには、地元レスターのサッカー・クラブ<レスターFC>のイングランド・サッカー1部リーグ<プレミアリーグ>2015-2016シーズン優勝を祝して開催され、2日間に渡り約6万人を動員したザ・キング・パワー・スタジアム公演のフル・ライヴ音源が収録されている。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。