ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

たった1組だけに…オリーブオイルとシチリア食材の店

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

たった1組だけに…オリーブオイルとシチリア食材の店
J-WAVEの新番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)。4月20日(木)のオンエアでは、話題のオリーブオイルのお店「セドリック・カサノヴァ」を紹介しました。

昼間はオリーブオイルをはじめ、さまざまな食材を扱うお店として営業。閉店した後は、予約をした1組の客をお迎えして、オリーブオイルとシチリアの食材を使った小皿料理のコースを提供(ターブル・ユニーク)するお店になります。お店はパリやロンドンにもありますが、パリのお店では予約が8カ月待ちだそうです!

お店を手がけるセドリックさんは、パリ生まれでパリ育ち。お父様はイタリア人、お母様はフランス人です。シルク・ドゥ・ソレイユで15年間、綱渡り芸人をしていたこともあるとか! その後、シチリアの友人と再会した時の会話がきっかけで、2008年に食の世界へ転向。オリーブオイルを作ることを決断したそうです。今はお店のほかに、シチリアで農業の活性化に取り組んでいます。

セドリックさんのオリーブオイルは、食の世界ではピエール・エルメやアラン・デュカスといった、一流のお店のシェフも愛用しているほど「世界一、ピュア」と言われています。その秘密は、作り方のこだわりにありました。

「オリーブの実は非常に正直で分かりやすいので、木になっているものを見れば分かります。『このオリーブの実なら、良いオリーブオイルが絞れる』とか『これはちょっと元気がないな』といったことも分かるんです。私の仕事は良いオリーブを見つけて、良い工場を選んで、自分が決めた温度で絞っていく…という基準を作っているので、良いものに仕上がるんです」(セドリックさん)

数種類をブレンドするオリーブオイルが多い中で、セドリックさんのオリーブオイルは単一畑、単一品種が基本になっているそうです。種類も豊富で、現在は60種類のオリーブオイルを扱っています。長くおいしく味わうにはコツがあるそうで、オリーブオイルは、熱・光・湿気の影響を受けやすく、酸化するスピードが熱や湿気によって違ってくるそう。「私のオリーブオイルは生きています。デリケートですが、割と安定したオイルです。きちんと温度管理をしていれば、2年は大丈夫だと思います」とセドリックさん。

セドリックさんのお店「セドリック・カサノヴァ」は、外苑前駅から徒歩でおよそ6分、表参道駅からは7分ほどです。ぜひ、覗いてみてください。ターブル・ユニークは18時からで、前日までに予約が必要です。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時―16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/index.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。