ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新弟子 ノア試験に落ちLINEで知り合った力士に勧誘され入門

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 新年度になり、日本中の職場に新人がやってきたことだろう。大相撲にも、新弟子56人が入門した。月刊誌『相撲』(ベースボール・マガジン社)4月号では、恒例の「全新弟子名鑑」が掲載され、なかでも食べ物の好き嫌いやよく見るテレビ番組など細かなアンケートの回答が載るため、コアなファンはチェックを欠かさない。入門動機も実にバラエティがある。

 佐渡ケ嶽部屋の原元有吾(琴原元)は、「小5のとき『すき家』で佐渡ケ嶽部屋のマネージャーに勧められて」と回答。小6から千葉県柏市の柏相撲少年団に入り、中学卒業で入門してきたのだから筋金入りの経歴だが、「すき家」に触れる必要はなかったんじゃないか……。

 同じ佐渡ケ嶽部屋の塚原ヒカル(琴塚原)は、「父が元十両・若東龍のちゃんこ店(茨城県筑西市)の常連で、その関係で佐渡ケ嶽親方に連絡がいき、高3の6月に会って勧められた」という。中学時代は柔道部、高校の3年間はラグビー部で体格のよさからスカウトされたのだろう。いずれにせよ佐渡ケ嶽部屋では飲食店絡みでのスカウト活動が盛んなよう。

 立浪部屋の山我裕基(山我)は、「プロレスラー志願で今年1月にノアの練習生テストを受けたが落ち、LINEで知り合った飛天龍さん(注/立浪部屋所属の三段目)に誘われて」この世界に飛び込んだ。どうやると現役力士とLINEで知り合えるのかは気になるところだ。

 佐渡ケ嶽部屋の本間航平(琴本間)は、部屋付きの鳴戸親方(元大関・琴欧洲)の内弟子として入門した(春場所後に鳴戸部屋として独立)。きっかけは現役時代の琴欧洲に誘われたことだというが、「入るつもりはなかったが、熱心に勧誘を受けて」という答えは、鳴戸親方も内心複雑なのでは。

 動機がハッキリしているのは二世力士だ。この3月は高卒で朝日山部屋入りした松澤亮英(松澤)がいる。父は速攻の突き押しでF1相撲と呼ばれ、幕内優勝2回を誇る元関脇・琴錦(現・朝日山親方)だ。入門のきっかけは「もともと父に誘われていた」としている。ただし、調理師を志望する気持ちもあったといい、「服部栄養専門学校(東京都渋谷区)にも合格し入学金も納めていたが、最後は自分で決めて入門」したと回答している。目標とする力士はもちろん、「父である琴錦関」である。

 荒汐部屋へ入った大波は兄2人が同じ部屋にいる。阿武松部屋の中尾勇聖(勇聖)と、田子ノ浦部屋の関塚太一(関塚山)も同部屋に兄がいる。

「兄弟が同じ部屋に入るのは、親の意向が影響していることが多い。兄がいると新弟子イジメを受けにくいだろうという考えがあるのでしょう」(若手親方)

 いずれにせよ多彩なアンケート回答を見ていると、体重182kgでアマ横綱・学生横綱のモンゴル出身、バーサンスレン・トゥルボルド(錦戸部屋)から、中学時代は野球で市選抜に入ったという最軽量67kgの浦崎恭乃介(琴浦崎、佐渡ケ嶽部屋)まで、新弟子たちが土俵上でどんな活躍を見せるかがますます楽しみになってくる。

※週刊ポスト2017年4月28日号

【関連記事】
稀勢の里横綱昇進効果か 中卒新弟子が20人から33人に増加
新弟子56人 目標「横綱」19人で「できるとこまで」14人
大相撲新弟子の最注目株 学生・アマ横綱のトゥルボルド

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。