体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NTTドコモなど4社、GSM / WCDMA / HSPA+ / LTE対応のモデム技術を開発

NTTドコモ、パナソニックモバイル、NEC、富士通の4社が GSM/WCDMA/HSPA+/LTEの4つの通信方式に対応したモデム技術を開発、主要ネットワークベンタとの接続に必要な全試験工程が完了したと発表しました。今回の開発によって、多くの場合は端末に2つ搭載する必要のあったLSIを1つに集約することが可能になったことにより、モバイル端末への実装をよりコンパクトにでき、通信時や待受け時の消費電力を従来よりも最大20%低減できるという。搭載LSIの減少による部品数の削減は、端末コストの低減にもつながるとしています。全ての通信方式は3GPPの標準規格に準拠しており、LTEについてはドコモが採用するFDD方式、中国での採用が予定されているTDD方式にも対応するとのこと。今後はこの4社を含む合弁会社を通じて国内外への販売展開を検討するとしています。Source : NTTドコモ


(juggly.cn)記事関連リンク
Android 4.0搭載スマートフォン「AQUOS PHONE 104SH」が本日発売
シャープ、自社スマートフォンの情報サイト「GALAPAGOS SQUARE」の名称を「SH SHOW」に変更
ASUS、Padfoneや高解像度ディスプレイを搭載したAndroidタブレットのティーザー動画を公開

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。