ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』、ポストクレジット・シーンは5つと監督が発言

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫


ジェームズ・ガン監督によれば、大ヒットが期待されているクリス・プラット主演の映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』には、5つのポストクレジット・シーン(作品の最後に流れるクレジットの合間に挟むシーン)があるという。

ガンは4月17日のプレス試写に参加した後、Screen Rantが本作に4つのポストクレジット・シーンがあると報じた記事に対して、「実際には5つだね」と返信した。

マーベルは製作した映画にポストクレジット・シーンを含めるようになっている。2008年の映画『アイアンマン』ではサミュエル・L・ジャクソンがニック・フューリー役であることを明かし、最近では映画『ドクター・ストレンジ』のラストで、映画『Thor: Ragnarok(原題)』の一部を明かした。2012年の映画『アベンジャーズ』以降の作品には2つのポスト・クレジットシーンがあり、さらに近年の作品のほとんどは、2つ以上のポスト・クレジットシーンを含む。

インフィニティ・ストーンをめぐり、マーベルのスーパーヒーローが多数集結して巨悪サノスと戦う映画『Avengers:Infinity War(原題)』の公開が近づくにつれ、世界観のつながりを広げ、つなぎ目を無くすために、より多くのポスト・クレジットシーンが活用されるだろう。

プレス向けに先行上映された『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』のクレジットには、4つのシーンが挿入されていた。

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』は、5月5日に米劇場公開される。



カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。