ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

スケボーが未来の移動手段に?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

スケボーが未来の移動手段に?
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MORNING INSIGHT」。4月18日(火)のオンエアでは、未来の移動手段“パーソナルモビリティ”を開発する、株式会社CuboRex代表取締役・寺嶋瑞仁さんにお話を伺いました。

新潟に拠点を置くCuboRexは、和歌山県出身の寺嶋さんが新潟に行って感じた“不便”をもとに、“環境”が原因で動かなくなってしまった物を動かし、なおかつコンパクトにしたいと思い、立ち上げたんだそうです。

そんなCuboRexの発明品のひとつが、スケートボードで砂利道や芝生などを走れるように電動クローラー(キャタピラ)を付けた「Cuboard(キューボード)」。雪が降る新潟でバイクが使えなくなったことで、雪の中でも使える乗り物を、と考え作ったパーソナルモビリティだそうで、重さは10キロ、モーターはキャタピラの中に収納してコンパクトな設計になっており、時速は15キロまで出るそうです。別所も事前にCuboardを試乗したそうですが、思った以上に乗り心地が良く安定感があるそうです。

フランスのスタートアップイベントにも参加し、海外でのニーズを探ってきたという寺嶋さん。日本では移動手段として定着していないスケートボードも、フランスでは老若男女関係なく、一般の移動ツールとして普及しており、随分状況が違うことを肌で感じたとか。

ただ、Cuboardを日本国内で普及させるためには、法律の問題も大きいそう。原動機付自転車、いわゆる“原付き”扱いになるため、ナンバーをつけたり、ウインカーやヘッドライトを付ける義務なども生じます。さらに歩道を走れないなど規制への対応なども含め、課題は多いといいます。

しかし、パーソナルモビリティが日本に普及すれば、近距離移動が小型のモビリティに入れ替わり、車の台数が減って道路の渋滞が解消され、逆に公共交通機関の需要が増える未来が見えてくると寺嶋さん。また、流通などの分野でも活用することができそうですね。

CuboRexでは、その他にも同じキャタピラの技術を使ったスーツケースや手押し車なども開発。農業や漁業分野でのコンテナ運びなど、様々な産業で可能性を秘めています。寺嶋さんご自身も「移動に関する全てのものを変化をさせたい」と意気込みを語っていました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。