体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

石田ゆり子さんが支持される理由。「可愛げ」の秘密は?

うれしいときや悲しいとき、イラッとしたとき。

いろんな感情が生まれるけど、大人になるにつれて、あまり表に出すことができなくなってきた──。

そんな女性たちの豊かな表情を解放しようと、立ち上がったのが資生堂。4月20日(木)から、「資生堂表情プロジェクト」をスタートしました。

だれかの笑顔で周りも笑顔に。表情は連鎖する

20170420_shiseido04.jpg

新プロジェクトの発表会に登場したのは、女優の杏さん、石田ゆり子さん、篠原涼子さん、樋口可南子さん、宮沢りえさん。

プライベートでも、表情豊かであることの大切さを身に染みて感じている、と話していた5人。

20170420_shiseido01.jpg

「理屈なしに、子どものようにバーッと表情を出せる人は素敵だと思います。私もそうありたいといつも思っています」

と可愛げな表情が印象的だった石田ゆり子さん。

20170420_shiseido1.jpg

昨年5月に双子を出産した杏さんは

「子どもが2人が『いただきます』と『ごちそうさま』のときに手を合わせることを、最近覚えたんですけど、同時に覚えた拍手も一緒に入っちゃうんですよ。それがみるたびにおもしろくて…。

笑っている子どもたちを見ていて笑顔になれるように、だれかの笑顔によって周りのひとが笑顔になっていく。表情って連鎖するんだなって思います」

と微笑ましいエピソードを語ってくれました。

20170420_shiseido02.jpg

「すこやかな毎日を過ごせている人は、表情に出ているように思います。それはその人が素晴らしいのもあるけれど、それを支えている友だちだったりパートナーだったり家族だったり、人と人のふれあいがあるからこそなのかなと思います」

という篠原さんの言葉に、会場はあたたかなムードに。

目の前のことに集中する。表情を生み出すために心がけていること

20170420_shiseido05.jpg

5人は演技を通じて豊かな表情を見せてくれる、いわば表情のプロ。表情を生み出すために、どのようなことを心がけているのでしょうか。

「相手の感情や思いをよく見ていると、演じようと思わなくても感情が湧いてきます。美術館で絵を見ているときも同じで、通りすぎて見るのか1枚1枚をじっくり見るのかで、心に湧くものが違ってくる。

相手や目の前にあるものに集中することが、自分の表情の豊かさにつながるのではないかと思います」

と宮沢りえさん。

20170420_shiseido06.jpg

樋口可南子さんは、表情豊かであるためには心が元気であることが重要だと語ります。

1 2次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会