ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

バンダイのフィギュア、その買取の傾向とは?!

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

フィギュアとは何ぞ?しばらく考えてしまったのですが……狭義では、ポリウレタンやソフビで作られたものでしょうが、メタルフィギュアなんて言葉もあったりしますし、ぬいぐるみはフィギュアとは呼ばれなかったりしますから何なんだろう。様々な製品がありますよね。しばらく悩んだ結果、ぬいぐるみ以外の完成品のモデル=フィギュアという結論に至りました。今回、買取価格を重視しピックアップしたため、一番くじなどのフィギュアを多数企画・生産している「バンプレスト」製のものは今回は含まれていません、悪しからずご了承くださいませ。

バンダイとは

null出典:アマゾン

バンプレストのゲームの数々を例に出すまでもなく、キャラクターものといえばバンダイ。なのですが、合併するまではもっぱらキャラクターは子会社のポピーが手がけていました。ウルトラマン、宇宙戦艦ヤマト、仮面ライダー、戦隊物そして超合金……これらはマニアの悲鳴を糧に、バリエーションの増殖と価格の高騰を2本柱にして日々成長中。全般にできがいいんだよなあバンダイのフィギュアって。

バンダイの買取価格が高価なフィギュアとは?

null出典:アマゾン

「プレミアムバンダイ限定」の製品

「プレミアムバンダイ」とはバンダイが運営する通販サイトなのですが、一般発売しても採算が取れそうもないフィギュアやグッズを受注生産しているのが特徴。定価がとんでもないものもある分、買取価格も高くなってくるのですが、定価を割ってしまっているものが多いのは、需要を大幅に下回ることのない生産方法にあるのでしょう。

・怪獣革命 古代怪獣 ゴモラ 塗装済み完成品 定価:25万9,848円 買取:20万円
・ゴジラ1989&ビオランテ 発光Ver.セット 定価:5万9,400円 買取:3万円

「DX超合金魂」シリーズ

1974年にポピーが「マジンガーZ」を発表して以来、男子の心を鷲掴みにしてきた超合金。その後バンダイとの合併を経て「超合金魂」などにリファインしながら、超合金のブランドは継続。今度はおっさんの心をも鷲掴みにしています。そして、2012年に元祖超合金のマジンガー Zが「DX超合金魂」のブランドネームの元、巨大なスケールと様々なギミック、とんでもない定価で発売。マジンガーZ好きは何度目かのため息を漏らすことになったのです。

・マジンガーZ 定価:3万6,750円 買取:3万7,000円
・グレートマジンガー 定価:5万3,784円 買取:3万円

大人の超合金

超合金のブランド拡大の中、実在するものをリアルにフィギュア化するというコンセプトで2010年より始まったシリーズが「大人の超合金」。「DX超合金魂」同様、おもちゃの範疇を超えた価格設定で買いそびれる大人が続出。数量限定ということもあり、乗り遅れた男子需要で一部プレミアが付いています。

・スペースシャトルエンデバー号 定価:4万8,600円 買取:5万7,000円
・新幹線0系 定価:8万1,000円 買取:3万3,000円

「PBM! ポピニカ魂」

超合金魂シリーズ同様、ポピーの商標をリファインした「ポピニカ魂」、まあこれまた定価が高過ぎるというシロモノなので買取も高くなっているシリーズなのです。ここで取り上げる「金田のバイク」、バリエーションは2種類、通常のポピニカ魂と「PBM!」という冠がついた別ブランド・スケールでも発売されています。デカールを貼付していないものはプレミアが付いてますが、逆に「成田山」のデカールを貼らないでとっておいたってどういう人なんだろう……。

・金田のバイク 「AKIRA」1/6 PROJECT 定価:4万1,040円 買取:5万円(デカール未使用)

バンダイ製品の相場、変動はあるのか?

null出典:アマゾン

生産体制に抜かりなし!!

1990年代にあった初代たまごっちの様なイレギュラーでもない限り、バンダイの製品にとんでないプレミアが付いたりするというケースはほとんどありません。バンダイの需要に対する読みは相当なものがあるとおもうのです。プレミアムバンダイを通じて販売されるフィギュアはそもそも受注生産ですし、それ以外のもの再販をおこなったり色違いを出してみたりで、満たされない需要に対しては優れた対応を見せています。

相場はそんなに上下しないですが

ですからリサイクル品があてがわれるのは、少数のまかないきれなかった需要に対して。定価を割ることはあっても、相場が暴落するということもまずないということです。だいたいブームになるようなフィギュアを手がけたりはしないし、そもそもブームになりそうなものは充分に生産するし……そんな所がバンダイ、抜かりはありませんね。

バンダイのフィギュアを高く売るコツ

null出典:アマゾン

定価が高いものばかり取り上げているのもありますが、ある程度の買取価格が見込めるバンダイのフィギュア、保存状態はシビアに問われます。超合金魂などはランナー付きのパーツやシール類が同梱されていますが、使用されていれば大幅な減額は免れないでしょう。もちろんパッケージもカッコいいですから、箱なしの状態では当然減額されてしまいます。買ってきたらハトロン紙で梱包して、劣化を防ぐべく冷暗所に保管するのが高く売るコツです。遊んではいけません。

おすすめ買取店

駿河屋

駿河屋

駿河屋の口コミを見る

コレクター心を揺さぶる、ありとあらゆるものを買取ってくれる「駿河屋」。バンダイのフィギュアの買取でも、絶対に外せない存在です。駿河屋の役割でもっとも大きいのが相場がすぐに検索できる点。非常に充実したデータベースをもっているのです。他にも買取方法も融通がきいたり、箱なしでも買取ってくれたりと使い勝手も抜群なのです。

フリークス

null出典:フリークス

バンダイのフィギュア専用のページを設けて買取価格を掲載しているのは、フィギュア買取専門店「フリークス」、力の入れようが伝わってくるというものです。メインは宅配買取ですが、足立区の事業所へ直接持ち込むのもOK、交渉で高価買取を狙いましょう。この会社のロゴを見て金田を連想したあなた……「good for health, bad for education」なのです。

まとめ

null出典:アマゾン

バンダイ商法だとかなんだかんだいわれているのですが、リリースされるフィギュアはもれなくマニアを黙らせる出来を誇ります。その上、生産体制も整っているので、それほどプレミアも付いていないという、非常に優良なメーカーなのです。ただ……バリエーションが多すぎる。これは、金を落とすなら、リサイクル市場ではなくバンダイに落とせ!!そんなメッセージなのかもしれません。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。