体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

札幌観光の穴場、ロイズ本社のローズガーデンで花の饗宴を楽しむ

【TABIZINE 現地特派員による寄稿】 

百花繚乱の札幌は連休後に訪れる

札幌は4月中頃にコブシの白い花が春を待ちわびたように花ほころばせ、その後を桜が引き継ぎ、5月の連休を過ぎたあたりから、まるで堰を切ったように花々が咲き乱れます。

厳密に言えば、雪解けのすぐ後、湿地には水芭蕉、民家の庭先にはエゾムラサキツツジが、不思議に心を惹きつける可憐な花を咲かせるのですが、道東で暮らした経験のある筆者には、札幌のそれはあまりに物足りないのです。

128937-01
128937-02
静かに始まったベートーベンの田園シンフォニーがやがてクライマックスを迎えるように、5月から6月の札幌は文字通り百花繚乱になります。ところが多くの旅人が押し寄せる大型連休の時期は、こと花について言えばなんとなく小休止が入ったかのようになり、そして、花々が最盛期を迎えるという連休後の時期に北海道を訪れる旅人は少ないように感じます。おしい。いかにも惜しい気がします。

鬱陶しい本州の梅雨時を抜け出して、青空と花びらが飛び散る札幌の街を歩きに来たらいいのに。もちろん、晴れていなかったとしても責任は持てないのですが・・・。

札幌市北部のロイズガーデン

幸運にもそんな時期に札幌を訪れた人に是非お勧めしたいのは、札幌北部にあるロイズガーデン。JR札幌駅から学園都市線に乗り30分足らずのあいの里公園駅へ運賃360円。そこから徒歩8分。閑静な住宅街に寄り添うように「ロイズあいの里公園店」が見えてきます。

128937-03

ロイズは、言うまでもなくあのチョコレートのロイズ。新千歳空港にはRoyce’ Chocolate Worldを展開しているし、世界中に店舗を出しているので海外からの旅行客にも定番のおみやげにもなっています。実はその本社があいの里公園店の目の前に建っていて、目指すロイズガーデンはその敷地にあるのです。

駅から歩いてきたら、このロイズあいの里公園店で一休みしたいところ。店内には、チョコレート商品と共にいろいろなパンがストッカーに並べられています。ロイズは、地元ではパン屋さんだと思っている人もいるくらい。板チョコがまるまる一枚ハンバーガーよろしくバンズに挟められたグテや、焼きたての生チョコクロワッサンなどがお薦めです。調理パンも置かれているので、その中からお気に入りのパンを購入し、店の奥にあるイートインスペースで無料の珈琲(これが絶品)とともにいただきます。

舌とお腹が満たされたら、道路の向かいにあるロイズガーデンに向かいましょう。今度は思う存分に目で楽しんでください。入場は無料。

128937-04
128937-05
128937-07

園内で出会えるかわいい昆虫たち

随時ガーデナーたちが手入れをしていて、花たちはいつも最高の状態に保たれています。本社の付属庭園の位置づけでしょうか。幸せな花たち。

ロイズ本社は札幌の郊外にあるせいか、園内には様々な昆虫が見られ、注意深く見ているとそれらの楽しい生態に触れることもできます。訪れているのは地元の人が多く、大きなカメラを提げた妙齢のご婦人たちが静かに歩いては足を止めカメラを構えて熱心に構図を試しています。レンズの先には美しい花に留まった蝶。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会