ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

詐欺サイトを見分けるため最新手口を知っておく

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
詐欺サイトを見分けるため最新手口を知っておく

「できれば安く商品を買いたい」「ブランド品がほしい」といった需要につけ込むのが詐欺サイト。ネットでの買い物が当たり前になりつつある昨今、悪質業者による詐欺サイトは日々誕生しています。しかも、詐欺サイトの手口は常に進化。日本語がおかしいといった詐欺サイト判別ができなっているのです。

詐欺サイトでも不審な点がない

価格.comなどの最安価格より、あまりに安く販売しているネットショップは気を付けましょう。そのショップは、詐欺サイトの可能性があります。代金を支払っても商品が届かなかったり、粗悪なコピー商品が送られてくるなどトラブルの温床です。

例えば、家電製品で価格.comの最安値が「226,800円」にもかかわらず、「183,240円」で販売されていたら要注意。一見して不審な点がなさそうでも、実は詐欺サイトということがあるのです。

そこで、最新の詐欺サイトの手口を見ていきましょう。詐欺サイトは、独自ドメインでショップを運営するケースがほとんど。詐欺サイトの多くは「~.jp」以外のドメインを利用しています。

詐欺サイトは他店の情報を転載

このため、不審なドメインなら絶対に利用しないこと。アドレスバーにカギマークが無いのも危険。暗号化機能のSSLが設定されておらず、セキュリティがまったく信用できません。

これまでの詐欺サイトは日本語が明らかにおかしかったり、メニューバーなどがクリックできなかったりなど、ちょっと気を付ければ判別できました。しかし、それらの判別法が通用しなくなってきています。

そこで、サイトが怪しいと感じたら、ショップの連絡先や電話番号を検索してみるとよいでしょう。他店の情報を転載している詐欺サイトも増加中なのです。同一情報のショップがあったら注意しましょう。

関連記事リンク(外部サイト)

迷惑メールのお金を受け取って系に返信してみる
匿名メールで正体を明かさずにメール送信する
USBに挿すだけでバックドアが作れるデバイス
Tor Browserを使って完全匿名で情報収集する
ネットストーカーの情報収集テクを知っておく

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。