体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ディープラーニング」はAIに人間と同じ学習能力を与えたもうた!?

世界最強棋士を破ったアルファ碁

2016年3月、Googleが開発したAI(人工知能)「アルファ碁」が、囲碁界の大方の予想をくつがえし、世界最強の棋士と呼ばれるイ・セドル九段を4勝1敗で退け、世界中を驚愕させた。この「アルファ碁」の強さの秘密はディープラーニングにあるといわれる。

「ディープラーニング」は近年、AIの話題では必ずといっていいほど登場する言葉だ。人工知能が一体なにをどうやって、どんなふうにディープに学んでいるというのだろう。

AIといっても実体はコンピュータだ。スマホも一種のコンピュータだから、あなたのスマホで考えてみるとわかりやすい。たとえばスマホの電話帳にあらかじめ登録した人であれば、着信時にその名前をディスプレイに表示してくれるだろう。これはつまり、スマホが情報をひとつ学習したというわけだ。なんのことはない。コンピュータにとっての「学習」とは、人間が情報をインプットしてあげるということなのだ。

個人の電話帳だったら自分ひとりで入力できるが、これが顔認識だの、音声認識だの、囲碁だの将棋だのとなると、あまりに複雑、かつデータが膨大すぎて人間による入力では追いつかなくなる。もっと効率よくコンピュータが自分で学習してくれるようにしたい。そうして考えられたのが人間の脳の仕組みからヒントを得たニューラルネットワークだ。

お手本は人間の脳。いま最高にホットなテクノロジー「ニューラルネットワーク」

人間の脳の働きをまねたニューラルネットワーク

脳の中には「ニューロン」という神経細胞が複雑に結びついてネットワークを形成し、情報を伝達したり保存したりしている。その数は千数百億個だというから、気が遠くなりそうな数だ。そのニューロンが、今この時もあなたの頭の中で、記憶や認知といった活動を支えている。

人間のニューロンの仕組みは複雑すぎて、まだ全貌は解明されていないものの、ニューラルネットワークは、上記のニューロンに似た仕組みをプログラムで再現したものと考えてもいいだろう。いわば「仮想脳」だ。ニューラルネットワークでは「パーセプトロン」と呼ばれる、まさにニューロンの働きを模した計算方法が取り入れられている。このパーセプトロンが下の図のように階層的ネットワークをつくることで、さまざまな複雑な問題を解くことができるようになったのだ。

なんだか頭がこんがらがってくるような話だが、とにかく、人間の脳の働きをまねしているうちに、ニューラルネットワークというすごいプログラムを見つけてしまったということが、まずこの前段の鍵となる。そして話は「学習」へと移る。

「教師あり学習」と「教師なし学習」

このニューラルネットワークは学習にとても向いているプログラムだ。このコンピュータが学習することを「機械学習」という。これはコンピュータという「機械」が、ただひたすら「機械的」に学習するからで、その学習方法は大きく2つある。「教師あり学習」と「教師なし学習」だ。

「教師あり学習」とは文字通り、人間が先生となってつきっきりでコンピュータに教えることだ。たとえば、猫とはどんな姿かを教えるときに、ニューラルネットワークに猫の画像を入力して「これが猫だ」と教え、犬の画像を入力して「これは猫ではない」と教える。これを繰り返すことでニューラルネットワークは、猫とはどういうものかを認識できるようになる。

ただ、猫といってもいろんな猫がいる。学習はサンプルデータ数が多ければ多いほど正確さが増すので、簡単なものならいざしらず、猫ひとつでも人間がつきっきりで教えるとなると膨大な手間と時間がかかってしまう。そこで考えられたのが、人間の助けなしでニューラルネットワークに独力で学習させる「教師なし学習」だ。意志など持たない、ただの機械にすぎないコンピュータにそんなことができるはずがないと思うかもしれない。だが、できたのだ。

Googleの大快挙!!

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会