体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ロボットがおもてなし!? ハウステンボスの『変なホテル』に泊まってみた!

受付、クローク、客室……至るところにロボットが!

2017年3月16日公開の記事「時速100km超! ドローン最速王決定戦inハウステンボスに行ってみたの取材のため、T&S編集部員である筆者は長崎県佐世保市のハウステンボスを訪れました。その際に宿泊したホテルが実に風変わりだったのでここで紹介します。

そのホテルがこちら。

見た目は普通のお洒落なホテルなのだが、看板をよくよく見ると・・・・・・。

その名も『変なホテル』。名前からしてインパクトがありすぎる。

ちなみに『変なホテル』の開業は2015年7月。そして2017年3月15日、千葉県舞浜市に2軒目となる『変なホテル舞浜 東京ベイ』がオープンして話題になったばかりです。

エントランスからロボットスーツ「スケルトニクス」がお出迎え。こちらは「動作拡大型スーツ」と呼ばれるもので、人が着用して動くと、スケルトニクスも連動して同じ動きをする。さながら巨大ロボを操縦しているような感覚になれるというもの。

動作拡大型スーツの「スケルトニクス」。もともとは人間が装着できるものですが、現在は展示のみ

中へ入り、チェックインしようとすると・・・・・・。

受付には、人間の代わりに恐竜や女性のロボットが!!

恐竜型ロボットの「きぼう」。フロント係としてお客様をお出迎え にこやかに接客する女性型ロボットの「ゆめ子」 こちらは恐竜型ロボットの「みらい」

ただし、チェックイン自体はカウンター横の自動チェックイン機で。まぁそこはフツーということで。

ロビーにもほかにもさまざまなロボットが。

ピアノを演奏するロボット ボール遊びをするペット型ロボット

チェックインまで時間があったので、いったん外へ出るために、荷物を預けようとしたところ・・・・・・。

1 2 3次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。