体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

年収1500万円男性と一般男性には口臭ケアに差があるのか?リステリンが本気で調査

エンタメ
年収1500万円男性と一般男性には口臭ケアに差があるのか?リステリンが本気で調査

 これから高収入を目指したい人、さらには婚活中の女子たちも思わず耳がダンボになっちゃうアンケート調査をジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社が実施し4月18日に結果を発表しました。

 同社の発売するマウスウォッシュ「リステリン」に絡めたもので、「年収1500万以上と以外では、オーラルケアの意識に差があるのか?」というオーラルケア商品のメーカーらしい疑問を本気で調査しています。実際何か違いがあったのか?見ていきましょう。

【すべての画像や動画はこちら】

■1500万円プレイヤーの傾向

 国税庁「平成27年分民間給与実態調査」によると、年収1500万円を超えるビジネスマンは全体の僅か1.8%。ごく少数であることが分かります。一般で言えば「お金持ち」「エリート」「成功者」と呼ばれる人たち。婚活女子風に言えば「1500万円プレイヤー」といったところ。また、この1500万円プレイヤーは結婚適齢期の30代・40代になるとまだまだ少なくより希少なのだとか。

 一応この発表は、将来高収入を目指したい若者向けに「高年収ビジネスマンに近づくためのヒント」として紹介したものですが、キラーンとした女子目線で見るとこれまた違ったようにも見えてきます。

 まず調査は30代・40代の男性で年収1500万円以上とそうではないビジネスマンを対象に行われました。調査では「仕事に対する姿勢や普段の習慣」に関する質問を複数用意。その結果、6つの項目で特に差のあることが分かったそうです。

【1500万円男性と一般男性に差がある項目】
1:身だしなみ
2:体臭ケア
3:口内ケア
4:スキルアップ
5:運動習慣
6:食へのこだわり

 以上6項目では一般男性より、1500万円プレイヤーの方がより関心度を高く持っているそうです。特に差が大きかったのが体臭・口臭ケア。

 体臭は1500万円プレイヤーが80.3%気にしているのに対し、一般男性は71.5%。口臭ケアは1500万円プレイヤーが80.3%なのに対し、一般男性は70.0%とそれぞれ約10%も意識に差があったそうです。オーラルケアはじめ身だしなみのケアで「年収差の傾向が分かるの?」と当初懐疑的に見ていましたが、10%ですがどうやらその差は確実にあるようです。

 また、マウスウォッシュの3か月以上継続使用率は1500万円プレイヤーが49.7%、一般男性は42.2%とこちらでも僅かですが差が出ています。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会