体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

レディオヘッド/The xx/ファーザー・ジョン・ミスティ/ザ・レモン・ツイッグス~【コーチェラ】現地レポート(金曜日編)

レディオヘッド/The xx/ファーザー・ジョン・ミスティ/ザ・レモン・ツイッグス~【コーチェラ】現地レポート(金曜日編)

 米カリフォルニア州インディオにて毎年開催されている世界的野外音楽フェスティバル【コーチェラ・バレー・ミュージック&アートフェスティバル】。今年は、レディオヘッド、レディー・ガガ、そしてケンドリック・ラマーがヘッドライナーを務め、他にもボン・イヴェール、The xx、フューチャー、ロード、DJキャレドなど、米ビルボード・チャートを賑わすアーティストが大勢出演した。

【コーチェラ】写真(全38枚)

 昨年に続きBillboard JAPANの特派員が、2017年4月14日~16日にかけて行われたウィークエンド1に参加。「Creep」を演奏したレディオヘッド、話題の新人ザ・レモン・ツイッグスやフランシス&ザ・ライツらが出演した初日の模様を写真とともに振り返る。

◎Zipper Club
躍動感のあるドラムを軸に激しいながらも80年代を思わせるようなメロディーが懐かしく、踊りたくなる。ギターの男性とベースの女性が交互にヴォーカルを取るが、女性ヴォーカルの方が彼らの音楽にもフィットしている。(Photo: Roger Ho / Courtesy of Coachella)

◎Klangstof
Sigur Rosを思わせるドリーミーなギターリフと低音のキーボードが心地良いアムステルダムを拠点にした4人組のバンド。途中爆音のドラマチックな展開の中にも、安定したグルーヴが素晴らしかった。

◎Joseph
ポートランド出身3人組女性インディー・フォーク・グループ。サポートにドラマー、ベース、ギター兼キーボードの編成。完璧なハーモニー加え、ステージ上手で歌うナタリーの哀愁あるヴォーカルが耳に残った。(Photo: Julian Bajsel / Courtesy of Coachella)

◎The Lemon Twigs
グラム・ロックを彷彿させるレトロなヴィジュアルとサウンドながら古さを感じさせない現代にブラッシュ・アップされた楽曲、ヴォーカル、演奏どれを取っても大満足。ダダリオ兄弟の才能もさることながら、ダニーのキーボードが生み出すグルーヴやミーガンのベースのレベルも高く、緩急をつけたかなりタイトな演奏だった。若いながらもエネルギーに満ちたカリスマ性と才能に未来のロックの希望を見た気がする。ラストの曲にトッド・ラングレンが飛び入り。(Photo: Charles Reagan Hackleman / Courtesy of Coachella)

◎Preservation Hall Jazz Band
小刻みなピアノ、存在感のあるベースとドラム、伸びやかなホーン隊が奏でる彼らの演奏は完璧。ただし、彼らが演奏したメイン・ステージはヘッドライナーがRadiohead、それ以外はThe xxやFather John Mistyという言わばアウェーとも考えられる状況の中で、わかりやすい誰もが楽しむことができるリズムで彼らの音楽や名前すら知らなかったであろうオーディエンスと一体になるライブの運びのうまさはプロ。もちろん高い音楽のクオリティは維持されたまま。セット後半はキューバ・ミュージックのフレイバーたっぷりの新作から披露。PHJBがブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブと融合したかのようなこれまでの彼らの楽曲とはまた一味違った一面も楽しむことができた。バンドが今絶好調なコンディションであると感じる演奏だった。(Photo: Roger Ho / Courtesy of Coachella)

◎Sampha
早耳のオーディエンスにはすでに人気で満員のテント。ブルーの照明をメインにギターなし、ベースなしの3人キーボード(1名パーカッション兼)、ドラマーという構成で上質なR&B、甘くて優しいSamphaのヴォーカルが心地良かった。(Photo: Greg Noire / Courtesy of Coachella)

◎Bonobo
ドラム、ギター、キーボード、ホーン隊3人のフルバンドの編成にRhyeのMilosh、Szjerdene、Nicole Miglis、伝統的なモロッコ・ミュージシャンInnov Gnawaがゲスト参加するという贅沢なライブ。BonoboのDJで曲が途切れることがなく続き、またキーボードやベースの演奏と多才なミュージシャンシップを披露。背景のスクリーンに映し出される壮大な自然の映像美と音楽が見事にマッチしたパフォーマンスだった。(Photo: Roger Ho / Courtesy of Coachella)

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。