体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【社長インタビュー】5回のがん闘病から生まれた、敏感肌用ボディウォッシュ『素あわ』誕生の秘密を聞いた!

丈夫な肌の持ち主なら物足りなくさえ感じてしまうほど、マイルドな使用感が特徴のボディ洗浄料『素あわ』。その誕生の背景には、5回ものガンとの闘いを見事に克服した女性社長の、”悩める人にこそ届けたい!”という、ひときわ強い想いがあった。

 

老舗石けんメーカーが、超低刺激ボディウォッシュを開発したきっかけはステージ4のがん!?

創業から111年を誇る石けんメーカーの株式会社マックス(本社:大阪府)は、昭和の学校の水回りに必ず備わっていた黄色い石けん「レモン石鹸」で知られる老舗中の老舗。先代の体調不良により、2009年4月に代表取締役社長に36歳で就任したのが大野範子氏。しかしわずか5か月後に社内で出血、病院へと運ばれてしまう。

「医師に子宮がんと告知されて、目の前が真っ暗に…。即手術、3ヶ月で復帰したのはいいのですが、すぐに再発して再入院を繰り返しました」

 

肺や首の骨など、合計4回の転移を繰り返し、その深刻さはステージⅣ(4)。もっとも進行した状態だ。そもそも大野氏は毎年がん検診を受けていた。しかし突然の社長就任に伴い、経営・経理・人事など、あらゆる実力を身に付けようと夜間ビジネススクールに通い、また夫の転勤によって通勤が片道2時間の新幹線になるなど、多忙が重なった。そして一度だけ怠ったがん検診、それが悲劇を招いた。

 

「闘病中にわかったのは、自分の遺伝子が手術による治療に向いていないということ。なので途中で放射線、抗がん剤治療に切り替えました。そして自分でも何かできることはないかと、食事療法を行うようになったのです」

 

肉食厳禁、塩分カット、魚と野菜中心の食生活で自己免疫力を高めることに集中した。その食生活は、最後の治療から5年経った今でも続いているという。

 

「その闘病生活で何が一番辛かったか。それは気分転換である大好きなお風呂タイムが苦痛になってしまったことです。2010〜12年にかけて行った抗がん剤治療の副作用で、髪は抜け、肌はぼろぼろに。お湯に触れるだけでひりひりして痛いんです。でも不潔になって体が匂うのが何よりもいやで。悲鳴を噛み殺しながら体を洗っていました」

 

それまでも、株式会社マックスでは肌に優しい無添加石けんを作っていた。しかし、それでも極限まで荒れてしまった肌には刺激が強かった。厳しい闘病生活の合間のリラックスタイムであるはずの入浴さえ、痛みと痒みで楽しめなくなってしまった。

「私がもし病気を克服して職場復帰できたら、様々な理由で敏感肌になった方や、生まれつき肌トラブルをお持ちの方でも、安心して使える製品を作ろう!」

 

闘病の中に芽生えた、どうしても生きたい理由。社員は今でこそ、彼女を”常人では考えられないタフさを持った人。執念深さはひときわ強い”と笑いながら口を揃えるが、闘病の最中にあっても、その執念は希望を生み出したのだ。

 

「食事療法をはじめ様々な治療が功を奏して、2012年の治療を最後に、ガンを克服しました。だから私は、病院のベッドで誓った想いを実行したんです」

 

深刻な肌トラブルを抱えた人にとって救世主となる、独自の”石鹸あわ”


そうして生まれたのが、丸みを帯びた白いボトルが印象的な液体石けん『素あわ』(500ml・希望小売価格 税込2,160円・発売中)である。目指したのは、抗がん剤治療の副作用でぼろぼろになった敏感肌でも”しみない”ボディ洗浄料。特徴となるのは、その泡だ。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。