ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『美女と野獣』数々の名曲を手掛けてきた作曲家アラン・メンケンにインタビュー

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『美女と野獣』数々の名曲を手掛けてきた作曲家アラン・メンケンにインタビュー

 エマ・ワトソン主演の話題の映画『美女と野獣』が、2017年4月21日より遂に日本公開される。本作プロモーションのため、3月下旬に本作の作曲を担当したアラン・メンケンが来日したが、多忙の中、Billboard JAPANのインタビューに答えてくれた。

 アラン・メンケンといえば、『リトル・マーメイド』や『アラジン』、『ポカホンタス』といったディズニー名作映画の音楽を手掛けてきた名作曲家だ。1991年に公開されたアニメーション版『美女と野獣』の主題歌「美女と野獣」や「ひとりぼっちの晩餐会」も手掛けた彼の楽曲は、現在に至るまで、世界中で老若男女に愛されている。

 今回の実写化にあたって、既に最高峰と言われていたアニメーションの『美女と野獣』を越える音楽を作ることに不安はなかったか尋ねると、メンケンは「僕一人では出来なかったよ。アニメーションの時点で完璧な作品が出来たと思っていたんだ。今回の実写版の話が上がった時に、ビル・コンドン監督から、彼が目指す方向性を説明してくれたから、僕はチームの一員として頑張ったまでだよ」と当時の心境を語ってくれた。

 リメイクに関して、公開前から一部批判もあったが、その点については「最高のキャスティングだと思う。世間は色々批判するからね。僕にとってエマ・ワトソンは完璧なベルだ。彼女はミュージカル女優ではないが素晴らしい女優だよ」と一蹴している。また、劇中ではダン・スティーヴンス演じる野獣がベルを想う気持ちを表現したバラード曲「ひそかな夢」が披露されており、実写版オリジナル曲として同曲を手掛けたメンケンは、「あの曲は、ミュージカル『南太平洋』の「ほとんど私のもの(This Nearly Was Mine)」のような雰囲気を出したかったんだ。ダンは役者としても非常に才能があるから、どんな役もモノに出来る。ユニークな役柄だったと思うけど、見事に演じ切ったと思うよ」と、メインキャストの演技も太鼓判を押している。日本中が首を長くして待っていた本作の公開を前に、アニメーション版と実写キャスト版のサウンドトラックを聴いて、映画の世界に浸ってみてはいかが?

Text & Photo: Mariko Ikitake

◎『美女と野獣』予告編(主題歌PV)
https://youtu.be/6IgjlboP-4E

◎公開情報
映画『美女と野獣』
2017年4月21日(金)より全国ロードショー
監督:ビル・コンドン
出演:エマ・ワトソン、ダン・スティーヴンス、ルーク・エヴァンス
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

関連記事リンク(外部サイト)

エマ・ワトソン主演の映画『美女と野獣』、劇中歌の吹替版映像が解禁
昆夏美&山崎育三郎、『美女と野獣』デュエットソングを観客の前で初披露
アリアナ・グランデ&ジョン・レジェンドによる「美女と野獣」のMVが公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。