体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

3D表示やガイドツアーで世界をリアルに冒険しよう!「Google Earth」が大幅アップデート

fullsizeoutput_2897端末のマウスを動かすだけで世界旅行ができてしまうGoogleのバーチャル地球儀ソフト「Google Earth」。

訪れたことがない、そして今後も行く予定はないというところでもひとっ飛びして、現地の建造物や自然を“目の当たり”にできる。

その「Google Earth」がこのほど大幅にアップデート。3D表示やガイドツアーで探索できるようになり、ますます楽しめるものとなっている。

・視点を自由自在に

Google Earthでは衛星や航空からの画像を活用していて、次々に3Dもアップしている。

fullsizeoutput_2899今回は米国のグランドキャニオンや、フランスのシャンボール城も3Dに。視点を自由自在に変えられるので、かなりの臨場感が味わえるのが売りだ。もちろん、従来の2Dやストリートビューでも楽しめる。

・ツアーに参加⁉︎

また、今回のアップデートではVoyagerというガイドツアーコーナーが新たに加わった。こちらでは、「Googleのおすすめ」「旅行」「自然」「文化」というセクションが設けられ、360度ビデオやストリートビューでスポットを案内してもらえる。

たとえば、ガラパゴス諸島のガイドツアーでは大きなカメが茂みの中を歩くところや、アシカの群が泳ぐ海中を見ることができ、なかなかリアルな旅が体験できる。

一度使い始めるとあっという間に時間が過ぎてしまうこと間違いなしの新 Google EarthはChromeか、Androidアプリで楽しめる。iOSにも間もなく対応するとのこと。

Google Earth

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。