ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

メディアで話題の老舗カリー店がリニューアルオープン

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

尾瀬戸倉のスキー場で宿泊ロッジとして始まり、1985年横浜の地で唯一無二の存在感を放つカリー店へと進化を遂げた「アルペンジロー」。今では横浜だけでなく日本全国、世界各国からこの唯一無二の味を求めて多くの人々が訪れる。

そんな横浜を代表する老舗カレー店「アルペンジロー本店」が、4月20日(木)にリニューアルオープンする。

ルーには小麦粉を一切使用せず、14種類ものスパイスを使ったサラサラのスープカリーは、煮込みに丸2日、冬眠といわれる作業を2日間幾度となく続け、ようやく角の取れた独特のまろみと旨みが生まれるという。

具材は大きなブロック肉を贅沢に鉄板で焼き上げ、熱々のままカリーに添える。

お米は厳選した杉山ファームのコシヒカリを使用。スープと絡めると口の中でちょうどよい水分量になるよう絶妙に炊かれたご飯を飯盒スタイルで提供する。ステーキカリーは1380円~、バリエーションカリー は1480円~楽しめる。

今回のリニューアルオープンを機に、アルペンジロー本店限定となるオリジナルスイーツを用意する。スイーツを手掛けるのは、横浜元町に本店(他3店舗あり)を構えるパウンドケーキ専門店「パティスリーパブロフ」。アルペンジロー本店のためだけに作られたオリジナル本格スイーツは、カリーのあとでもさっぱりと食べられるスイーツなど、7種類を提供。イートインでもテイクアウトでも楽しめる。スイーツは200円~。

老舗のこだわりのカリーとスイーツをぜひ楽しんでみたい。

■『アルペンジロー本店』
住所:横浜市中区弥生町3丁目26

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。