ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ワインと牛肉が特産品という飲兵衛には夢の街! 池田町の「ご馳走家ゆたか」で堪能【北海道】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:mesitsu_lc:20170405125945j:plain

牛肉、好きです。

ワイン、好きです。

その2つが合わさると?

もっと好きです!!

北海道に飲兵衛のワクワクが止まらない、

夢の町があります。

帯広市からおよそ30分ほどの池田町は、

「牛肉」と「ワイン」が 特産品なのです。

池田町内で営む「ご馳走家ゆたか」にお邪魔します!

頭の中は飲むことでいっぱい!

f:id:mesitsu_lc:20170405125933j:plain

牛肉の柔らかい食感、脂の甘みを感じつつ、

ふくよかなワインを一口。

さらに北海道ですからね、

ワインに合いそうなチーズをセレクト。

札幌からJRでおよそ3時間。

事前のイメージトレーニングは完璧!

北海道を拠点に食べ歩き、メシ通レポーターの裸電球です。

今回は「池田町」を旅してきました。

f:id:mesitsu_lc:20170405125934j:plain

市町村ごとに名産品はたくさんあると思いますが、「牛肉」に「ワイン」ですよ!

それって「飲め」って言われているようなものじゃないですか。

しかもこの牛肉は、北海道では知る人ぞ知るブランド牛!

生産量も限られているので、北海道以外で流通することの少ないお肉なんです。

f:id:mesitsu_lc:20170405125937j:plain

さらに、池田町といえばワイン!

町内の小高い丘には「ワイン城」も建てられており、

マチのシンボルとして愛されています。

f:id:mesitsu_lc:20170405125935j:plain f:id:mesitsu_lc:20170405125936j:plain

いやいや、待ってください!

まだ心の準備が!

駅前に大きなオブジェを発見。

これってどこからどう見ても……。

「コルク抜くやつ」ですよね。

巨大すぎて、楽しい気分になります。

見上げると、自分がコルクになったような錯覚。

いや~、来てよかった。

池田町グルメを堪能するならココ!

f:id:mesitsu_lc:20170405125953j:plain f:id:mesitsu_lc:20170405125954j:plain

やってきたのは、池田駅を出てすぐのところにある、

「ご馳走家ゆたか」です。

このお店は池田町の食材を使ったメニューが充実しているんですって!

f:id:mesitsu_lc:20170410164650j:plain

メニューを見ると。

噂どおりの、地産地消!

道中、ずっとイメージしてきたラインアップが広がります。

それでは早速、味わっていきましょう!

f:id:mesitsu_lc:20170405125948j:plain

▲いけだ牛低温調理ロースト 842円

美しい!

まずは「ローストビーフ」をお願いしました。

素材のうま味を堪能するならコレでしょう。

うっすらとピンク色、食欲をそそります。

f:id:mesitsu_lc:20170410164707j:plain

トロけるおいしさ!

「いけだ牛」、たまりませんね。

脂身が多すぎず、しっかりと赤身の食感も楽しめます。

飲みこむのがもったいない!

f:id:mesitsu_lc:20170405125942j:plain f:id:mesitsu_lc:20170405125944j:plain

▲十勝ワイン清見 (フルボトル) 4,536円

せっかくですから、ワインリストの一番上。

「清見」という1本をチョイス!

池田町で改良されたブドウを使ったワインですって!

f:id:mesitsu_lc:20170405125949j:plain

爽やかな酸味が感じられます。

それでいて、広がる芳醇な香り。

フレンチオーク樽で1年間じっくり熟成させているんですって!

それにしても、どちらも特産品ってすごくないですか。

酒飲み、ワイン好きの楽園ですよ、ここは。

f:id:mesitsu_lc:20170405125946j:plain

▲いけだ牛100%ハンバーグ 1,490円

もっと「いけだ牛」を味わいたい!

続いて注文したのはハンバーグです。

「ご馳走家ゆたか」の人気メニューなんですって。

鉄板ジュージューで登場しました!

f:id:mesitsu_lc:20170405125938j:plain f:id:mesitsu_lc:20170405125947j:plain

ちょっと、ナイフを入れただけで、

肉汁がジュワ〜っと流れ出てきました。

一滴たりとも無駄にしたくないと、すぐに口へ運びます。

肉のうま味はしっかり、スパイスの香りも広がるおいしいハンバーグです!

f:id:mesitsu_lc:20170405125945j:plain

希少な「いけだ牛」を精肉店に頼むのではなく、

自社でひき肉にするんですって。おいしさの秘訣ですね!

粗びきした牛肉にあめ色になるまで炒めた玉ねぎや、

香辛料を入れて整形するそうです。

フライパンで焼き目をつけたあとにオーブンへ。

うま味をぎゅっと閉じ込めるんですって!

幻の和牛と呼ばれる「いけだ牛」ですからね。

北海道に暮らしていても、なかなか食べることができません。

ワインとの相性も抜群です。

さらに面白いメニューを発見!

f:id:mesitsu_lc:20170405125951j:plain

▲和ちいず 734円

ローストビーフとハンバーグでお腹は落ち着き、

さあ、ここからはじっくりと飲みたい気分。

メニューをペラペラめくっていると。

なんだこれ!

北海道、そして十勝エリアといえば、チーズの産地。

「和ちいず」はお店で手作りするオリジナル商品なんですって!

それでは、一口。

f:id:mesitsu_lc:20170405125952j:plain

おおお!

わさびの風味が広がります。

辛すぎず、絶妙な味わいです。

「山わさび」を練りこんでいるんですって。

これはたまりません。

白ワインを隠し味に加えるなど、開発には大変苦労されたそうです。

f:id:mesitsu_lc:20170405125941j:plain

ということで、

「ご馳走家ゆたか」の地産地消ラインアップでした!

いや〜、池田町。

幻の牛と言われる「いけだ牛」にワイン、それにチーズまで味わうことができるとは。

なんてグルメな街でしょう!

帯広からもアクセスが良いので、北海道旅行の際にいかがですか?

ごちそうさまでした!

お店情報

ご馳走家ゆたか

住所:北海道中川郡池田町字大通1丁目-74

電話番号:015-572-2220

営業時間:11:30~15:00(LO 14:00)/17:30~23:00(LO 22:00)

日曜日・祝日は17:30~22:00(LO 21:00)

定休日:水曜日(水曜日が祝日の時は木曜日)

www.yutaka-web.com

※この記事は2017年3月の情報です。

※金額はすべて税込みです。

書いた人:裸電球

裸電球

北海道を拠点に食べ歩き。CATVでグルメ番組のレポーターを担当したことをきっかけに、ハシゴ酒が趣味となる。入りづらいお店に突撃するのが大好き。現在はフリーで、映像制作とライターの仕事をしている。 ブログ:「裸電球ぶら下げて」

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

全国的にも珍しい市営の飲食店ビルで営む「まるちょ~」に潜入【北海道】
【イカの楽園】函館には「イカのスイーツ」が存在する? 気になるので行ってきた
あれはいったい何のお店なの? 噂の「チャンドニー華麗ばぁー」に行ってみた【北海道・札幌】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。