体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

不要な冷蔵庫…処分しちゃいましょう!!

要らなくなったものは、誰かが必要としているかもしれない。この考え方はリユースの基本でもあるのですが実際当てはまることは、そうあるものではありません。買取?とんでもない!!引き取ってくれることすらレアケースというのは、アイテムによっては多々あります。例えば不要になった冷蔵庫、邪魔以外の何物でもない、それをどうするか?基本はお金を払って処分するのです。

冷蔵庫を処分する……約5,000円かかります

null出典:花の戯言

家電リサイクル法というものがありまして

不要となった家電には貴金属やレアアースなどが含まれているというのは御存知の通り。それらはリサイクルしてやるのが正しい扱いではあるのですが、当然コストがかかります。「家電リサイクル法」とはエアコン、テレビ、洗濯機、冷蔵・冷凍庫の4つのアイテムを正しくリサイクル・廃棄するための法律。そこには使用者がリサイクルコストを負担た上で廃棄しなくてはいけないことが定められているのです。

処分料は5,000円+アルファ

新しい冷蔵庫を購入したケースならば、購入先に引き取ってもらう。単純に不要になった場合ならば、以前購入した家電ショップに引き取りを依頼する、市町村に問い合わせて引き取り先を紹介してもらう、指定の処分場で引き取ってもらう。以上、4通りの方法が一般的となるのですが、いずれの場合にも処分料が必要となります。料金は型式によって異なるものの5,000円程度、これに加えて処分するところまで運搬するための料金がかかってくる。これが不要な冷蔵庫の処分方法の基本です。

買取という方法もあるのですが……

後は、ウリドキニュースに目を通している方ならば買取というアイデアが浮かぶとは思うのですが、そこにはかなり高いハードルが待ち受けています。持っている冷蔵庫次第なのですが大抵の場合断られるか、処分をすすめられるかするでしょう。その場合の料金は、処分料+運送料+手数料となってきます。高いと判断したならば、上に書いてある4つの方法から1つ選ぶことになるのです。

無料引取りの罠……悪質な業者の手口とは?

null出典:悪質な現金化業者に騙された

結局、高価な料金を請求される

さて、そんなやっかいな冷蔵庫、これを無料引取りするという流しの業者……実に怪しいですね、料金がかかるものをタダで引き取ってくれるわけがありません。こういったヤカラは途中までは冷蔵庫を無料回収するかのごとく振る舞い、玄関先まで移動させたりします。その後、おもむろに料金を請求し出すのです。「処分費用」「手間賃」など名目は様々、断るといっても玄関先に冷蔵庫を放置されたままではかなわない。結局、数万円という法外な料金を支払うことになるのです。

1 2 3次のページ
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会