ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

不要な冷蔵庫…処分しちゃいましょう!!

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

要らなくなったものは、誰かが必要としているかもしれない。この考え方はリユースの基本でもあるのですが実際当てはまることは、そうあるものではありません。買取?とんでもない!!引き取ってくれることすらレアケースというのは、アイテムによっては多々あります。例えば不要になった冷蔵庫、邪魔以外の何物でもない、それをどうするか?基本はお金を払って処分するのです。

冷蔵庫を処分する……約5,000円かかります

null出典:花の戯言

家電リサイクル法というものがありまして

不要となった家電には貴金属やレアアースなどが含まれているというのは御存知の通り。それらはリサイクルしてやるのが正しい扱いではあるのですが、当然コストがかかります。「家電リサイクル法」とはエアコン、テレビ、洗濯機、冷蔵・冷凍庫の4つのアイテムを正しくリサイクル・廃棄するための法律。そこには使用者がリサイクルコストを負担た上で廃棄しなくてはいけないことが定められているのです。

処分料は5,000円+アルファ

新しい冷蔵庫を購入したケースならば、購入先に引き取ってもらう。単純に不要になった場合ならば、以前購入した家電ショップに引き取りを依頼する、市町村に問い合わせて引き取り先を紹介してもらう、指定の処分場で引き取ってもらう。以上、4通りの方法が一般的となるのですが、いずれの場合にも処分料が必要となります。料金は型式によって異なるものの5,000円程度、これに加えて処分するところまで運搬するための料金がかかってくる。これが不要な冷蔵庫の処分方法の基本です。

買取という方法もあるのですが……

後は、ウリドキニュースに目を通している方ならば買取というアイデアが浮かぶとは思うのですが、そこにはかなり高いハードルが待ち受けています。持っている冷蔵庫次第なのですが大抵の場合断られるか、処分をすすめられるかするでしょう。その場合の料金は、処分料+運送料+手数料となってきます。高いと判断したならば、上に書いてある4つの方法から1つ選ぶことになるのです。

無料引取りの罠……悪質な業者の手口とは?

null出典:悪質な現金化業者に騙された

結局、高価な料金を請求される

さて、そんなやっかいな冷蔵庫、これを無料引取りするという流しの業者……実に怪しいですね、料金がかかるものをタダで引き取ってくれるわけがありません。こういったヤカラは途中までは冷蔵庫を無料回収するかのごとく振る舞い、玄関先まで移動させたりします。その後、おもむろに料金を請求し出すのです。「処分費用」「手間賃」など名目は様々、断るといっても玄関先に冷蔵庫を放置されたままではかなわない。結局、数万円という法外な料金を支払うことになるのです。

実は、引き取りに来ない

無料引き取りには悪質な業者が多い、こんな報道が多かったからでしょうか。最近では、無料ではなくて、有料の悪質な業者も存在します。請求される料金は拒否したくなるほど高額ではありませんから、その場で支払ってしまう。そして業者は小さなものや、金目の物だけ積み込んでいき、冷蔵庫など大きなものは後回し。今日は人手が足らないとか、車が小さいとか理由をつけて、後日積み込みに来ます……と言い残して、その業者は二度と現れません。金目のものと処分料だけ騙し取られるケースです。

悪質な業者の見分け方と、正しい依頼方法

「見積りがいい加減」「連絡先が携帯のみ」これらを満たす業者は断ってください。まず、引取を依頼するときに見積もりを貰わなければならないのですが、その見積りがいい加減。金額が異様に低いとか、「一式」という言葉を多用したがる……これらは見積りと大きく乖離する料金を請求してきますから、地雷をあえて踏む必要はありません。後、連絡先が携帯だけ、さらには営業所が異様に遠い、こんなケースもふんだくって逃げてやろうという匂いがプンプンします。冷蔵庫の処分を検討するときには最初に紹介した通り購入した家電ショップや市町村に連絡するか、身元が明らかな業者数社に連絡を取り見積りを比較した上で依頼しましょう。

冷蔵庫を買取してもらうチャンスとは

null

高価買取?あまり期待はできないのです

家電が得意なリサイクルショップを回っていると気づくのですが、いい値段が付いている冷蔵庫って少ないんですよね。なぜか?冷蔵庫は搬入がネックになりますから、設置までやってくれる家電店で購入するケースが多いから。相当安くないとリサイクルショップで購入してはくれないのです。リサイクルショップの側としても、買取しても搬出に人手がとられる冷蔵庫は敬遠したい、売った後も万が一動作しなかったらというリスクがあるので、大歓迎のアイテムではないというのが実情。つまり冷蔵庫は高価買取があまり期待できないのです。

買取してもらえる可能性のある冷蔵庫とは?

リサイクルショップの家電の買取には製造後経過年数という縛りが設けてあります。なぜなら故障する可能性があるからで、その危険性を製造後の経過年数で判断するからです。冷蔵庫などのボーダーは、5年というのが一般的です。また、近年幅を利かせている非日本製のものですが、元々安いものは新品を買う心理が働くために、リサイクルショップでは売れる見込みが薄くなります。買取してくれる見込みがある冷蔵庫とは購入して日が浅い、日本製の高価なモデルのみ、そして儲けも厚いものではありませんから、引き取りとなってしまうケースも多々有ります。

不要な冷蔵庫、ではどうしましょうか?

null出典:道具屋

買取・引き取りが可能・不可能の判断は?

以上のことから冷蔵庫は高価買取は難しい、引き取ってもらえればラッキーと考えるべきなのですが、その判断をするのはリサイクルショップ。メーカー・型番・製造年が印刷されたシールが本体のどこかに貼られていますから、キズなどの状態も合わせて電話やメールで伝えましょう。

そして、比較検討は重要です

忘れてはいけないことは複数のショップに問い合わせ、比較検討すること。あるショップでは買取を申し出てくれたのに、別のショップには処分料を請求された、こんなことはよくあるのです。買取金額の比較だけでなく、処分を依頼するならばその料金も比較検討する必要があるでしょう。

まとめ

null

「製造後数年、大型の2ドア以上のもの、完動品」これ以外の冷蔵庫は買取不可、もしくは処分料を請求される。こう考えて、まず間違いがありません。そんな場合は、処分先を自分で探す必要があるのです。冷蔵庫1台ならば、自分で何とかするという方法もありますが、問題は引っ越しなどで大量に不要なものが出た場合。このように一括して業者に任せたほうが楽というケースは多々有るのですが、使えるのが買取と処分を兼業しているショップになります。まず、買取を狙ってみる、そして色々と比較検討した後に、一番メリットがあると判断した方法を選択する。……面倒ですけれど、やるとやらないでは大違い、ファイト!!なのです。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。