ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

MISIA、明石家さんま企画ドラマの主題歌で甲斐バンド「最後の夜汽車」をカバー

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
MISIA、明石家さんま企画ドラマの主題歌で甲斐バンド「最後の夜汽車」をカバー

MISIAが、世界190カ国への配信が決定している、明石家さんま企画・プロデュースのNetflixオリジナル・ドラマ「Jimmy〜アホみたいなホンマの話〜」(7月7日より全9話世界同時配信)の主題歌を担当することが決定した。

楽曲は、甲斐バンドの名曲「最後の夜汽車」のカバー。同曲は、1977年に発売された甲斐バンドのオリジナルアルバム「この夜にさよなら」に収録され、さんま自身が「芸人にも相通じる音楽だ」と愛してやまない楽曲だ。

同ドラマは、ジミー大西が「お笑い」から「世界的画家」になるまでの物語。ジミーや周りの仲間たちとの実際の体験談を主軸に、夢を追う人々とそれを応援する人々の姿を描く。ジミーが本当に巻き起こした“ありえへん”エピソードの数々に大笑いしながら、孤独や劣等感を抱えて成長していく姿、支える人々の愛と友情にホロリとさせられるエンターテインメント作品となっている。

本日公開された予告編では、ジミーの、“ありえへん”本当のエピソードの一部を公開。同じ体に入れるなら「こっちが早い」と思い、点滴を飲む。交通渋滞だと思ってずっと車を留めていたら、前の車は駐車中の止まっている車だった。ことわざを聞けば「人のふり見て」「どないする」、「馬の耳に」「イヤリング」と答え、警察犬と匂いで犯人を当てる対決をするなど…。本編では、これ以上に“ありえへん”エピソードの数々が描かれている。

ジミー役は中尾明慶、さんま役を小出恵介が演じるほか、芸人仲間やマネージャーなど、ふたりを取り巻く人々に尾上寛之、六角慎司、宇野祥平、濱田マリ、木南晴夏らが出演。お笑い界のレジェンド・明石家さんまと、日本が誇るソウルシンガー・MISIAとの初のコラボレーションに期待が高まる一方だ。

MISIA コメント
今回、Netflixドラマ「Jimmy〜アホみたいなホンマの話〜」の主題歌のお話を通じて、甲斐バンドさんの「最後の夜汽車」と初めて出会いました。素晴らしい曲で、本当に素敵な出会いをいただいたと思っています。また、この歌の中では直接、夜汽車が向かう行き先は歌われてはいないのですが、「さんまさんから見る東京」、または「ジミーさんから見る“さんまさんがいる東京”に向かう夜汽車」のようにも感じ、曲をどのように仕上げるのが良いのか、とてもイメージがしやすかったです。
アレンジはNYにいる黒田卓也くんに頼み、オケをNYでレコーディングしてもらいました。ジャジーで温かく切ないサウンドに仕上がったと思います。ドラマは、皆さまより一足先に見させていただきました。8〜9割は笑いながら観ているのに、突然ホロリときてしまう。また、さんまさんの笑いに対する哲学から、人生の哲学を教えてもらえるようなドラマだな、と思いました。Netflixで世界190カ国に同時配信されるということで、本当にたくさんの方に見て欲しいです。

明石家さんまプロデュース「Jimmy〜アホみたいなホンマの話〜」予告編

番組情報
Netflixオリジナルドラマ「Jimmy〜アホみたいなホンマの話〜」
2017年7月7日(金)より全9話世界190カ国にて同時配信

関連リンク

MISIA オフィシャルサイトhttp://www.misia.jp/
MISIAオフィシャルYouTubeチャンネルhttp://www.youtube.com/channel/UCzPBIyFM_VyXgG9At-1Il4Q

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。