体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゴールデンウィーク(GW)におすすめ!東北の絶景お出かけスポット2017

蔵王エコーライン

今年のゴールデンウィーク(GW)は5連休、5月1日・2日も加えれば9連休というロングバケーション!そこで今回は、GWにおすすめの東北エリアの絶景スポットをご紹介!予定がまだの人も心配ご無用!雪解け絶景に海岸絶景、絶景花火など、どこも絶対行きたくなるスポットばかり!是非おでかけの参考にして下さいね!

記事配信:じゃらんニュース

蔵王エコーライン【山形県上山市】

高いところでは10mにも!雪壁を抜け幻想的な色の御釜(おかま)へ。

蔵王エコーライン天候などによって一日に何度も色が変わる火山湖・御釜 (写真提供:宮城県観光課)

4月21日OPEN!

蔵王を横断する全長26kmの道路で、最高点から蔵王ハイラインに分岐する。4月下旬まで坊平高原~すみかわスノーパーク間は冬季閉鎖、5月中旬頃までは道の両側に雪の壁が見られる。 蔵王エコーライン

TEL/023-672-1111(上山市観光課)

住所/山形県上山市坊平高原~宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉

営業時間/4月下旬~5月上旬は8時~17時(開通日は11時~、5月上旬~夜間通行止め解除)※4月21日開通予定

定休日/11月上旬~4月下旬は通行止め

料金/蔵王ハイライン往復390円(5月~540円)

アクセス/東北中央道山形上山ICより30分

「蔵王エコーライン」の詳細はこちら

大曲の花火~春の章~【秋田県大仙市】

大曲の花火~春の章~全国花火競技大会の開催会場で行われる

開催期間/4月25・27~29日

第16回国際花火シンポジウムが開催されるのにあわせて、4日間花火大会が開催される。お花見の後は、世界の国際色豊かな花火と日本の技術の粋を集めた花火の共演を堪能しよう。 大曲の花火~春の章~

TEL/0187-73-5781(第16回国際花火シンポジウム実行委員会事務局)

住所/秋田県大仙市雄物川河畔・大曲花火大橋下流河川敷

営業時間/19時~19時45分(4月29日のみ~20時20分)

定休日/有料観覧席2000円(25・27・28日分、当日会場にて販売)、3000円(29日分、~4月14日コンビニエンスストア等で前売り販売、前売り販売に残りがあれば当日販売あり)

料金/秋田道大曲ICより10分

アクセス/800台

「大曲の花火~春の章~」の詳細はこちら

八幡平アスピーテライン【岩手県八幡平市】

徐々に高さを増す雪の絶壁!白銀世界の先に眺望が開ける。

八幡平アスピーテライン日光を受けた雪の眩さにも驚かされる

4月15日OPEN!

八幡平を横断する全長約27kmのドライブウェイ。4月中旬に冬季閉鎖が解除になり、八幡平の春の風物詩「雪の回廊」を見ることができる。麓で咲きほこる桜も必見。 八幡平アスピーテライン

TEL/0195-78-3500(八幡平市観光協会)

住所/岩手県八幡平市

営業時間/4月中旬~11月上旬、開通~5月中旬は17時~翌8時30分通行止め、気象条件により通行止めの場合あり4月15日以降八幡市観光協会HPに「本日の道路情報」掲載

定休日/11月上旬~4月中旬

料金/通行無料

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会