体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一人暮らしの若者こそ、よいお部屋を! 家賃にお金をかけるべき理由

一人暮らしの若者こそ、よいお部屋を! 家賃にお金をかけるべき理由 14971b10a5be51d27aab5350c8a3bce7_s

充実した毎日を送るために、ファッションや交際費など、いろんな部分に投資をしている20~30代。キャリアップや好きなことのためにお金を使うことを優先したいので、家賃にはお金をかけたくないという方もいるのではないでしょうか?
しかし、CHINTAIは20~30代こそ、家賃にお金をかけるべきだと提案します。そこで今回は、家賃にお金をかけた場合のメリットをお伝えします。
みんなは一人暮らしで何にお金をかけたい?

一人暮らしでどこにお金をかけたいのかアンケートを実施しました。「一人暮らし、どこにお金をかけたい?」

「一人暮らし、どこにお金をかけたい?」

※20代~30代の男女330名に調査。(2016年12月16日CHINTAI調べ)

趣味・ファッションが約70%とダントツです!家賃は13%と最下位。日中は学校や仕事で忙しく、家にはいないから家賃にはそこまでかけないという方もいそうですね。それに比べると、食費も18%と意外にも少ない結果に。
みんな家賃にどのくらいかけているの?

money-256319_640

年収の2.5割までが家計を圧迫せずよいとされている家賃。例えば、年収400万円ならば、月にすると約8.3万円までが家賃が理想です。ちなみに、少し前まで家賃の理想は収入の3割とされていましたが、最近では物価の高騰などもあり、少し変わってきているようです。
ただ、アンケート結果をみると「家賃にお金をかけたい」という方が少ないという事実も分かりました。もしかしたら、理想の家賃よりも安い物件に住んでいる方も多いかもしれませんね。
しかし、趣味やファッションなどにお金をかけたいと思っている方でも、実は家賃にお金をかけてみるとよいことも!

下記では、家賃にお金をかけるメリットをみていきましょう。
家賃にお金をかけるメリットセキュリティ設備が充実する

13401a88cb83c5d68dc7bf8241317199_s

家賃が高いエリアは、治安がよい傾向にあります。自分自身でも十分に気を付ける必要はありますが、特に一人暮らしの女性は安心ですね。
また、オートロックなどの設備が充実している物件も多いため防犯対策も可能。

例えば、下記のようなデータもあります。

▼池袋駅徒歩15分圏内の一人暮らし用物件(1R~1LDK)
1.家賃(管理費含め)5万円以内でオートロックつき:1件
2.家賃(管理費含め)8万円以内でオートロックつき:155件

このように、家賃を8万円まで上げるとオートロック付きの物件が150件以上も増えることも。また、上記2の条件に宅配ボックスやTVモニターフォンを加えると、ヒットする物件の数は数十件もあります。家賃が3万円違うだけで「オートロック付」かつ「宅配ボックス」や「TVモニターフォン」が付いた物件に住めるとなると、これまで趣味やファッションなどにお金をかけていた方も考える価値ありですね!

※1.2017年4月7日時点(CHINTAI調べ)
利便性が高いエリアに住める

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。