体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

風呂敷がバケツに変身!? 魔法のマントのような超撥水風呂敷『ながれ』の水はじき能力を検証!

今年創業125年を迎える朝倉染色株式会社が開発した濡れない風呂敷『ながれ』は、2011年にはグッドデザイン賞も受賞している優れもの。実は、記者は以前からそのデザイン性の高さには注目していたのだが、すでに大判の風呂敷は何枚か持っていたので、なかなか購入までには至らずにいた。だが、今回はデザイン性のみならず、撥水性や機能性を検証する絶好の機会とあって、興味津々でいろいろ確かめてみた。

 伝統柄をモダンに再現したデザインとおむつカバー由来の驚きの撥水加工!

風呂敷の語源は江戸時代にさかのぼる。風呂に入る際、身の回りの品を包んだのがその由来だ。とはいえ、一般的な風呂敷だと使用済みのタオルで濡れてしまうから、温泉や銭湯にはビニールのショッパーを持参するという人も多いだろう。

 

そんな本来の風呂敷の名にふさわしい正統な進化を遂げたのが、朝倉染布株式会社(群馬県桐生市)から発売されている超撥水風呂敷『ながれ』。伝統柄をモダンに再現した『市松模様』(ポリエステル100%・平織・96×96㎝・希望小売価格 税抜3,900円・発売中)をおためししてみた。

実際に手に取ってみると、ポリエステル100%の平織とあって、表面も裏面もツルツル。ブラウスにも使われる素材というのも納得の心地よい肌ざわりだ。広げてみると96cm四方で、いわゆる一般的な風呂敷よりも大きめだが、いろいろな物を包むだけでなく、バッグやショールにしたり、テーブルクロスにしたりと、さまざまな用途で使えそうだ。青と濃紺の大小のブロックで四分割されており、表に出す面によって異なるデザインが楽しめるし、朱色がアクセントになっているので、伝統的な市松模様といえどもモダンな印象を受ける。

早速、ためしに水をこぼしてみると、予想をはるかに超える威力を発揮! 吸水せずに水をはじき、風呂敷の表面を文字通り「水玉」と化した水滴が、まるで意思をもって踊り出すかのように次々と転がっていくのだ。

裏返してみてもまったく濡れていない。これなら、濡れたタオルや手ぬぐいを入れる「風呂敷」本来の使い方にも最適だし、不意の雨でもスカーフ替わりに頭からちょっとかぶれば濡れずに済みそうだ。

非常時にはバケツやシャワーに早変わり。耐久性に優れ洗濯もOK!

これだけでも十分驚かされたが、カタログには、バッグ状にすればなんと10リットルもの水を運ぶことができると書いてある。いや、いくらなんでもビニール素材ではないのだから、水が運べるといっても数秒程度だろう、と半信半疑のままいざ検証スタート。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。