体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

口腔ケアにつなげよう!高齢者が出す3つの「サイン」をご紹介!

去年できていたことができなくなる
小さいものが掴みにくくなった

高齢者の身体状況や生活動作は、少しずつ変化していきます。変化を観察するには、高い経験値が必要です。けれど、観察の角度をちょっと変えることで、高齢者が出している「サイン」に気づくことができます。

今回は、出された「サイン」をいかにキャッチして、口腔ケアに活かしていくのか?という方法をお伝えいたします。

これからの介護に大事な「感じること」

これまでの執筆の中で、高齢者への口腔ケアを行う前にはまず「観察」が必要ということをお伝えしてきました。具体的には「歯」だけを見るのではなく、「歯があるかないか」「粘膜の乾燥は?」「唇の閉じ方は?」といった観察です!

関連記事:口腔ケアの基礎知識~口腔概要・のみこみの確認について~

また、「いきなり歯みがき」を行うのではなく、お口にものが入ることを事前に「予告」するように、手を握ったり話かけたりすることが本人にとってはもちろん、口腔ケアを行う皆様の気持ちにも変化が訪れる!ということをお伝えしてきました。

関連記事:介護者が知っておきたい口腔ケアの道具5つとケアの心得

これから高齢者になる方は、多様化した生活背景の中で人生を生きてきた方ばかりです。ご要望に答えるためには、まず寄り添う気持ちが大切なのです。つまり今後の介護には、「観ること」「行うこと」に加えて、「感じること」が必要になってきます。

高齢者が出す「サイン」

寄り添うためには多面的評価と言って、角度を変えた見方が必要になります。私が専門としている歯科の分野では、たとえばこんな「サイン」を受け取ることが大切。
義歯のサイン
お口の乾燥サイン
味覚のサイン

「どのように受け取り、対応するか」、そして「口腔ケアに結びつけていくか?」を考え実行するために、高齢者が出している「サイン」に気づくことが重要です。これから、具体的な「サイン」の内容や対応方法について説明していきます。

義歯のサイン

義歯のサインとしてよく見かけるのは、以下4つです。
義歯がよく外れるようになった
こすれて痛いというようになった
ものが間にはさまると訴える
外して食事をしようとする

義歯のサインの要因

身体が痩せたり、口腔乾燥があったりする場合に多く見られます。また古い義歯に愛着があり、多少合わなくても無理して使っている場合もあります。そのため、体重に変化がないか看護記録を確認して、歯科医師に事情を伝えて新製するか相談しましょう。

口腔ケア方法は?

まずは保湿剤をスポンジブラシに付けて、内側の粘膜をそっと拭き取るように動かします。義歯に金属のバネが付いている場合、その周りと支えになる歯は1本用の筆のようなブラシで磨いてください。普通の大きさのブラシだと、周辺部分が磨けません。

全部義歯の場合、片側だけに硬い歯石のようなものが付着していたら、反対側では噛んでいないということもあります。私が厚生労働省の科学研究班で研究していたときにも同じような方がいらっしゃり、脳梗塞をおこしていて麻痺があったということもありました。

お口の乾燥サイン

お口の乾燥サインとしてよく見かけるのは、以下3つです。
唇がカサカサ
舌の先や上が乾いている
頬の粘膜が乾燥している

お口の乾燥サインの要因

全身疾患などで長期的に薬を服用していると、薬の副作用で口腔乾燥を起こす場合があります。また、エアコンの風がベッドに向かって吹いている場合、就寝時に口をあけて寝ている、などの状態で口腔乾燥が起こりえます。

口腔乾燥をおこすと、口腔内の菌が増殖してむし歯や歯周病の進行を促すことにもなりかねません。

口腔ケア方法は?

ケア前に、口唇にワセリンを塗りましょう。ここで注意いただきたいのは、いきなり乾いたガーゼやスポンジを入れないということです。なぜなら、粘膜がこすれてしまい細菌感染してしまう恐れがあるからです。

しっかり水分をしぼったスポンジに保湿剤をつけ、まずは頬の粘膜をゆっくりと頬を膨らめるようにぬぐいます。

味覚のサイン

1 2次のページ
認知症ONLINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。