体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジェームズ・ガン、映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の3作目でも脚本兼監督を担当


映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』はまだ公開されていないが、マーベルはシリーズ3作目の脚本兼監督にジェームズ・ガンを選定した。

4月17日(現地時間)、ガンはこのニュースを『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』のプレスツアーに出る直前、自身のFacebookで報告した。

「何カ月もよく考え、議論した末に決めました。プレスツアーで最初に質問してくれた記者に明かすこともできたけれど、作品にとって最も重要な人、つまり、過去5年間にわたって信じられないくらい協力的で野心的で、何度も僕を感動させてくれた、ファンの皆さんに最初に明かすことにしました」とコメントした。さらに「そう、僕は脚本家および監督として『Guardians of the Galaxy Vol. 3』に戻ってきます」と綴っている。

この知らせがガンのFacebookから発信されたことは、驚きに値しない。この脚本家兼監督は、ソーシャルメディアを通じてプロットの要点を解説したり、Periscopeで質問に答えるなど、これまでもよくファンと対話してきたからだ。

現在出演しているクリス・プラットとゾーイ・サルダナ、デイヴ・バウティスタは、同じ役で引き続き出演するようだ。マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長がプロデュースする。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の評判は、最近になって活気づいてきた。テスト試写の評判は非常に良く、公開初週末の興行収入は1億5000万ドルと見込まれている。

シリーズ第1作は、国内市場の興行収入が3億3300万ドル、世界市場との合計で7億7300万ドルに及ぶ大ヒットとなった。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』は5月5日に米劇場公開となる。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。