体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Snapchat、リアカメラの映像に3Dオブジェクトを合成できるレンズ機能をリリース

Snap は 4 月 18 日、同社のメッセージアプリ「Snapchat」に 3D のオブジェクトをリアカメラの動画に配置して現実世界の物体として表現することのできる 3D レンズフィルター機能の提供を発表しました。Snapchat が新たに導入したレンズはスマートフォンのリアカメラで撮影している動画に 3D オブジェクトを置くことができるというものです。以前はスマートフォンのフロントカメラで撮影する写真や動画のスナップにこうしたマスクやエフェクトを追加できましたが、今日からリアカメラでも AR 機能を使用することが可能になりました。3D オブジェクトはスナップ中に指のタッチで配置でき、3D のテキストや虹、花が咲く様子を動画に合成することができます。Source : Snap

■関連記事
Chrome OS 59ではMac OSのようにマウスカーソルのサイズをスライダーで調節できる模様
LG、300種類もの18:9ディスプレイ最適化済みアプリをSmart Worldにリリースする計画
Xiaomi Mi 6の実機ハンズオン動画とポスターが流出

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。