体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

豚骨はここまで来ている! 博多とんこつカレーには紅しょうがと高菜が合う

f:id:Meshi2_IB:20170322105554j:plain

こんにちは。日本で行ったことのある場所は、東京、札幌、大阪、京都、静岡などなど、新人作家の大谷です。

47都道府県それぞれ、行ったら必ず食べたいご当地グルメってありますよね。大阪ならたこ焼き、札幌ならスープカリー、長崎ならちゃんぽんなど。

その中で僕が一番好きなご当地グルメは、博多の豚骨ラーメンです。札幌出身の僕なのに、味噌でも醤油でもなく、豚骨なのです! あの濃厚さと豚骨の臭みがたまらなく好きなのですが、なかなか博多に行く機会がないのがつらいところです。

そこで今、気になっているのが「博多伽哩食堂のとんこつカレー」。

f:id:Meshi2_IB:20170322105752j:plain

▲赤キャップの小さな容器には豚骨スープが入っています

いやいや、カレーに豚骨!? 豚骨ラーメンは知っているけれど、豚骨カレーはあまり聞きなじみがない。まさか豚骨ラーメンのスープをカレーに入れているのか?

すごいな博多人!

博多に行ったことのない、えせ豚骨好きな僕としてはこれを見逃すわけにはいかない! 現在(2017年3月22日現在)感謝価格で通販提供中とのことで、3袋 2,592円のところを1,555円(送料別)になっているのがラッキーです。

カレーのベースである「とんこつ」スープは、一頭からわずかな量しか取れない「豚なんこつ」で仕込んでおり、通常のとんこつスープでは味わえない“上品で深みのあるスープ”を特製仕込みカレールーと融合させているとのこと。

薬味は紅しょうが&高菜という、まさに博多とんこつスタイルのカレーです。

では実際に食べてみたいと思います!

f:id:uchitomi:20170215125504j:plain

まずは沸騰したお湯の中に、冷凍されたカレールーを5分ほど温めます。付属の豚骨スープは、温めておいたお湯に付けて解凍するのをお忘れなく。

f:id:Meshi2_IB:20170322110004j:plain

丼にご飯を盛り付けて、カレールーと豚骨スープをご飯の上にかけたら完成!

紅しょうが&高菜も用意しました。

では、いただきます!

f:id:uchitomi:20170215125356j:plain

ん~、まろやか! カレー自体の辛さはあるものの、そこまで主張はしておらず辛さが苦手な方でも食べられるのでは?

「とんこつカレー」と聞いていたので、てっきりとんこつラーメンのようなこってりとした臭みのある味を想像していたのですが、そんなこと一切なく上品でクセのない口当たりでした。

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会