ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【稼げる資格】実例インタビュー「トレーニング指導とカイロプラクティックの施術でお客様を笑顔に」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:keimanahensyu:20170411213100p:plain

誰もが稼げる資格はなくても、あなただから稼げる資格は必ずある。

資格選びで大切なのは、あなた自身の「これまでの経験」「今の興味」そして「将来のイメージ」と、どれだけしっくりくるか。

そこで、編集部が注目する資格について、「実際に資格を活用されている方」の実例をじっくり伺ってきました。実際に未経験から資格を取得し成功した人の話だから、リアルな活用の仕方がわかります。

今回は、「カイロプラクティックドクター」を活用されている方にインタビュー。未来のあなたの声を聞いて下さい。

「トレーニング指導とカイロプラクティックの施術で

人のコンディションをケアする。自分の理想の仕事に就けました」

カイロの施術とトレーニング指導の両面からサポート

この資格はさまざまな分野で活用できるが、最近、増えているのがスポーツの分野で活躍する資格取得者だという。その一人が松浦さんだ。現在、スポーツカイロトレーナーとしてカイロの施術を行うとともに、トレーニング指導にも携わっている。

「例えば、肩こりや腰痛などに悩む方に対してカイロの施術で筋肉をほぐし、さらにトレーニングで筋肉を鍛えていただくことで痛みを出にくくする。施術とトレーニングの相乗効果で、“調子がよくなった”と喜ぶお客様の笑顔に達成感を感じます。自分は天職に就けたと思います」

こう話す松浦さんは、高校・大学と、アメリカンフットボール部に所属していたスポーツマン。が、10 代の頃から今の仕事を志したのではなく、カイロプラクティックの存在すら知らなかったという。

f:id:keimanahensyu:20170411213140p:plain

トレーニング指導中の松浦さん。「職場は学院の付属で、学んだ先生方とも交流が続いています。今もわからないことがあると、先生に教わっています」

就職活動をするなかで自己分析をし、やりたい仕事を模索

きっかけは、大学4年の就職活動。「一般企業を回り、内定をいただきました。でも、自分が本当にやりたい仕事を考えたとき、サラリーマンではなかったのです。好きなことは、トレーニングで自分の体を鍛えることと、人の体をケアすること。大学時代、僕は病気で試合に出られない時期があり、選手にマッサージをしたり、サポートに徹していましたが、充実していました。そうした好きなことを仕事にしたいと思いました」

めざす方向性は見えたが、道筋が見えず、大学は留年。そんななかでカイロの存在を知り、学院に見学へ。施術を受けて全身が軽くなったことに感動し、決心が固まった。

学院で2年学び、資格を取得。生活費のために早朝と夜間にアルバイトをしながら頑張った2年間だった。

資格取得後、学院付属の施術院に就職。トレーニングスタジオが併設され、20代から80代まで、幅広いお客様と接している。将来は独立して自分の施術院を開きたいという。「今、日本は超高齢社会。多くの人が若々しく健康でいられるよう、役に立ちたいです」と夢を語ってくれた。

いかかでしたか?あなたにとって「カイロプラクティックドクター」は、新しい人生を切り開けそうな資格でしたか?資格という武器を手に入れて、あなたもぜひ稼げる力を手に入れてください。

構成/文 ケイマナニュース!編集部 取材・文/小林裕子(小林編集事務所) 撮影/八木虎造 松浦卓也さん(当時27歳)

12年資格取得。日本カイロプラクティックドクター専門学院付属の「ARS新宿カイロプラクティックセンター」でスポーツカイロドクターとして活躍中。

※この記事は2015年9月に取材した情報を基に作成しています。

関連記事リンク(外部サイト)

職業カタログ~未経験から目指せる「音楽」にまつわる仕事3選~
職業カタログ~未経験から目指せる「フード、料理」にまつわる仕事8選(後編)~
職業カタログ~未経験から目指せる「フード、料理」にまつわる仕事8選(前編)~

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。