体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1階はキッチン、2階はテーブル席!?日本初の「レストランバス」って知ってる?

1階はキッチン、2階はテーブル席!?日本初の「レストランバス」って知ってる? レストランバス

新潟と言えばお米の産地として有名ですが、お米だけじゃありません!

豊かな土地で育った農作物、港町として発展してきた町ならではの料亭文化、お米から生まれたお酒、発酵食などさまざまな食が楽しめるんです。そんな美食の都・新潟にこの春日本初の「レストランバス」が登場しました!

おいしい新潟の食を味わえるだけでなく、食を通じて自然、歴史、文化などを知り、楽しむことができるレストランバスとはどんなバスなのでしょうか?

新潟の食も自然も楽しめるレストランバス

バスの中で食事をする場合、狭い座席でお弁当とお茶、なんてことが多いですよね。サロンが付いているバスだって車両の一角だけ。

この春新潟に登場したレストランバスは今までの常識を覆し、1階がキッチン、2階がテーブル席になっているんです。これは日本で初めて。20170413外観

日本初のレストランバス

しかも2階席は開放感あふれるオープンルーフ。広大な田園風景を眺めつつ、心地良い春風を受けながらの食事はとっても気持ちが良いですね。レストランバス

2人席~4人席まで、嬉しいコンセント付きの座席

レストランと言うからには食事だって手抜きはしません。日本全国の生産者と共に独創的な料理を生みだしているシェフが監修したこだわりのメニューは、新潟の旬の食材をふんだんに使ったここでしか食べられない逸品ばかり。地元で活躍するシェフが調理したできたての旬の味をいただけるのもレストランバスの魅力です。レストランバス

メニューの一例

食べるだけじゃない!レストランバスで行く新潟の旬を食する旅

このレストランバス、ただ移動しながら食事をするだけじゃないんです。いくつかコースがあり、新潟ならではの農業体験や酒造見学などもできちゃうお得なバスなんです。

食事も文化も楽しめるユニークなコースの一部をご紹介します。

福島潟 米文化堪能コース

広々とした田園風景や多様な水辺環境にあふれる福島潟を感じながら、日本酒とともに食事を楽しむコース。

■開催日:毎週土曜日 9:30~13:30

■料金:1万5120円

【主なコース内容】

・今代司酒造で酒造りを見学。新潟のお酒のおいしさを学びます。

・大月集落を散策。田園集落の生活空間に触れ、地域との交流を堪能します。

・福島潟を散策。福島潟/新潟平野のパノラマは絶景です。

・タカギ農場で収穫体験。他県にあまり出回らないいちご「越後姫」が味わえます。

【レストランバスでのお楽しみ】

・純米仕込みのお酒で乾杯。

・自然栽培米と今代司酒造の仕込み糀で漬け込んだ越の鶏料理のランチ。

・新潟県産の北限の紅茶とコシヒカリアイスのデザート。レストランバス

新潟に行ったら日本酒は外せない

佐潟・日本海 砂丘堪能コース

日本海沿いを走り、砂丘地でのワイン造り、農産物の収穫体験などを通し、ワインと食材のマリアージュを楽しむコース

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。