体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

餌やりやタッチイベントをチェック!三重のおすすめ動物園・水族館・牧場

生活・趣味
餌やりやタッチイベントをチェック!三重のおすすめ動物園・水族館・牧場 ツメナシカワウソと握手

この時期は気候も良く、おでかけに最適なシーズンです。

牧場や水族館の多い三重県では、各スポットで餌やりやふれあいの体験イベントが実施されています。

海に近いだけあって、ゴマフアザラシやセイウチ、ペンギンとのふれあって写真が撮れるほか、世界中のいきものが集まる鳥羽水族館ではうら側体験もできちゃいます。

動物と距離が縮まるふれあいイベントを事前にチェックして、かわいい姿に癒されに出かけませんか?

記事配信:じゃらんニュース

大内山動物園【大紀町】

柵越しの駆け引きも楽しい!?レア動物へのエサやり体験。

マントヒヒ 珍しいマントヒヒへのエサやり。食パン・ニンジンを食べるんだってマントヒヒ

立派なタテガミがマントのように見えるのが名前の由来

マントヒヒやアライグマなど、ほかの動物園ではなかなかふれあえない動物にエサやりできる動物園。

15種類以上にエサやり可能で、あげていいエサ名が動物それぞれ明記されています!

動物エサやり

開催日/毎日

料金/エサ各種100円

体験方法/各自で自由にエサやり可能

※雨天でも実施アライグマ

アライグマ。エサを洗ってから食べる姿が見られるかも!?

園内はアットホームな雰囲気でのんびり

ウマグマの“シュウ” width=

ウマグマの“シュウ”は、月の輪模様がトレードマーク

大内山動物園は全国的に珍しい私設の動物園。

野生で怪我を負って保護された動物なども多く、園長やスタッフに大切にされています。

ほとんどの動物とふれあい体験ができ、エサやりできる動物も充実しています。 大内山動物園

TEL/0598-72-2447

1 2 3 4 5 6 7 8次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会