ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

今年のGWは「舞曲の祭典」でクラシックを満喫

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

今年のGWは「舞曲の祭典」でクラシックを満喫
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MORNING CLASSIC」。今週はクラシックソムリエ協会理事の田中泰さんの解説で、東京のGWの風物詩である一大音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン『熱狂の日』音楽祭2017」を特集しています。

13回目となる今年のテーマは「ラ・ダンス」。「太古の昔より、人が踊るそばにはいつも音楽が奏でられていた」という魅力的なキャッチフレーズのもと開催される、日本クラシック史上最大級の“舞曲の祭典”です。そこで、4月18日(火)のオンエアでは、ショパンの「ポロネーズ第5番」を紹介しました。

「ポロネーズ」は、フランス語で「ポーランド風」という意味で、三拍子のリズムで踊られるポーランドの代表的な民族舞曲だそうです。

「子どもの頃からこのリズムに親しんでいたショパンは、ピアノのためのポロネーズを生涯で7曲も残しています。7歳の時に、初めて作曲した作品もポロネーズだったと伝えられています。1841年に作曲された第5番は、ショパンにとっての自信作だったようで、『新しい形式のポロネーズが完成した!』と、友人に伝えた記録が残されています」(田中さん)

放送では、ポーランド出身のピアニスト、ラファウ・ブレハッチの演奏で、ショパンの「ポロネーズ第5番 嬰ヘ短調作品44」をお届けしました。

「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」は、5月4日(木・祝)・5日(金・祝)・6日(土)の3日間、東京国際フォーラムにて行われます。みなさんもぜひ、GWの予定に入れてみてはいかがでしょうか♪

「MORNING CLASSIC」での「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン『熱狂の日』音楽祭2017」特集は20日(木)まで続きます。どうぞお聞き逃しなく。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。